2021年02月26日

推古天皇陵と叡福寺(大阪府南河内郡太子町・後編)

こんばんは!ヽ(=´▽`=)ノ
今日は大阪府南河内郡太子町の叡福寺、更に見ていきたいと思います。

叡福寺は724年(神亀元年)に聖武天皇によって創建されたと伝えられています。
聖徳太子が眠るとされる聖徳廟を守るために作られたとされ、現在では法隆寺・四天王寺と並んで太子信仰の中心としてあり続けています。
DSC_0051.JPG
客殿。
旧高屋城の古材を用いて建てられたものだそうで、風格が凄くあります。

DSC_0077.JPG
南大門。
1958年(昭和33年)に再建され、左右には金剛力士が鎮座しています。

DSC_0087.JPG
西方院への入口。
こちらはかつて叡福寺の塔頭でした。

DSC_0094.JPG
左側は宝塔。
右側は南大門。南河内に金剛寺、観心寺に劣らぬ伽藍を誇る寺があることに感銘を受けました!

DSC_0129.JPG
金堂。
こちらに御本尊の如意輪観音坐像が安置されていますが、中の様子を伺うことは出来ませんでした。。。

DSC_0153.JPG
聖霊殿。
名前の通り聖徳太子16歳植髪等身像がお祀りされています。この寺が如何に「聖徳太子」のために建立されたかが分かりますね。

DSC_0175.JPG
聖徳太子御廟。
皆さんご存知の聖徳太子、穴穂部間人皇女、膳部大郎女の三体が合葬されています。

DSC_0190.JPG
古墳にしては珍しくしっかりとした建物があり、三段重ねのお堂になっています。

DSC_0196.JPG
聖徳太子御廟の入口。
立派な門です。

今年2021年(令和3年)は聖徳太子1400年御遠忌が執り行われます。
いい機会なので四天王寺、法隆寺も改めてお参りしたいと思いつつ、南阪奈道路をバイクで走って帰りました。

こういう小旅行はいいもんですね(*´∀`*)
皆さんもぜひバイクがあれば、お試しあれ!
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(0) | 寺社仏閣巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする