2017年03月15日

ふらりと京都「醍醐寺編(後編)」

こんばんは!(^o^)
ようやく4年間の学生生活を無事に終えることが出来、ほっとするのも束の間。
これからかなり忙しくなりそうです^^;

さて、前回は前回京都の醍醐寺の「三宝院」を歩いた所まで書きました。
今回はいよいよ「下醍醐」に入っていきます。

醍醐寺は非常に広大な寺院で「三宝院」「下醍醐」「上醍醐」の3つのエリアに分かれています。
「上醍醐」は山の上にあり、下醍醐からは徒歩で1時間かかります。
なので今回は「上醍醐」は割愛m(_ _)m

P3142157.JPG
西大門(仁王門)。
その左右には・・・・・

P3142159.JPG
左に仁王像(吽形)

P3142162.JPG
右にも仁王像(阿形)

2体の仁王像が下醍醐を「守っている」、言わばボディーガードみたいな役割を果たしているようです(^o^)
さて門をくぐって、拝観券を渡していざ境内へ。

P3142171.JPG
醍醐寺の中核的な存在である「金堂」。
ここには薬師如来坐像が安置されており、本尊となっています。


京都といえば「清水の舞台」、「金閣寺の金閣」、そして「東寺の五重塔」というイメージがありますが、ここ醍醐寺にもそれは立派な五重塔が・・・・・!
P3142192.JPG
醍醐天皇の冥福を祈るために951年に竣工しました。
実は京都府内でも最も古くから建っている木造建築物だそうです(^o^)

P3142204.JPG
京都で五重塔といえば「東寺の五重塔」というイメージが根強くありますが、ここ醍醐寺の五重塔が一番今まで見てきた中で「威厳」があって素晴らしいと思います(*´∀`)

続きを読む
ラベル:醍醐寺 京都
posted by 大阪のしろきち at 22:01| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする