2017年03月31日

卒業記念だョ?シンガポール旅行(その11:フィナーレ!帰るまでが旅行?)

いよいよ最終回です。
研修準備と並行して書いてきたので、色々キツかったんですが、泣いて笑ってもこれが最後です(´;ω;`)ブワッ

P3265122.JPG
このボーディングブリッジは新明和工業製だそうで。


搭乗したSQ616便は現地時間13時55分にB9ゲートを離れ、長々と誘導路を走った後、14時21分頃に02C滑走路を離陸しました。
シンガポールの国軍基地のあるテコン島を望みつつ、すぐに右旋回でマレーシア上空へ。
そこからはずっと南シナ海を飛行していました。

機内では映画「この世界の片隅に」を見ながら、赤ワイン等を飲み、まったりとしていました。
映画の感想ですか? 滅茶苦茶良かったです(´;ω;`)ブワッ

そして日本時間で5時前に機内食が。
昼食なのか夕食なのか、随分と微妙な時間でしたが・・・・・^^;
DSC_0203.JPG
洋食のメインディッシュは「鶏肉のアラゴンソースとマッシュポテト・野菜添え」(勝手に命名)。そしてパスタのサラダにパンと。

味はシンガポール航空だけあって、なかなかの美味しさ。
エコノミークラスでも手を抜かないのがポリシーだと感じます。

デザートもしっかりと出てきて・・・・・
DSC_0205.JPG
塩キャラメルのアイスクリームでした。


DSC_0210.JPG
雲海が実に美しい。


日本に近づくにつれて、どんどん空が暗くなり・・・・・
P3265125.JPG
いよいよ大阪へ到着です
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 14:29| 大阪 ☔| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業記念だョ?シンガポール旅行(その10:世界一のチャンギ空港を見て、ヒコーキに乗る!)

さて、サッと出国審査を済ませた訳ですが。
ここは出国審査後が凄いとの事で・・・・・

P3264940.JPG
まるで高級ショッピングモールです!
空港でいることを忘れます。


やっぱりここでも・・・・・?

P3264979.JPG
シンガポール航空のボーイング777-300(9V-SYH)。
ERタイプじゃない-300、東アジア・東南アジアエリアで運用されているようです。


P3264974.JPG
ベトナム航空のエアバスA321-200(VN-A327)。
スカイチーム塗装です。


P3264992.JPG
ガルーダ・インドネシア航空のボーイング777-300ER(PK-GID)。
シンガポールとインドネシアは伝統的に友好関係で、やはり旅客流動も多いだけに機材も大きいようです。


チャンギ空港T3の中には・・・

P3264984.JPG
鯉が泳ぎ回る池があったり・・・


P3264985.JPG
木が生えていたり・・・


P3264988.JPG
更には(蝶は見えないけど)バタフライガーデンも!


さて、そろそろ腹ごしらえを・・・・・
シンガポール最後の食事は24時間営業のホーカー風フードコート(シンガポール・フード・ストリート)で。
P3265049.JPG
辛い牛肉麺、なかなか美味い!
あれ台北でも食べたような。まあいいや!

続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 13:43| 大阪 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業記念だョ?シンガポール旅行(その9:世界一のチャンギ空港を見る)

いよいよ四日目、最終日。
最終日はホテルからは直行で空港まで行きました。

なぜ、あえて市街地に立ち寄らなかったのかと言うと、チャンギ空港が世界一の空港だからです!(^o^)
スカイトラックスの世界空港ランキングで堂々の第一位になったチャンギ空港。

P3264883.JPG
チャンギ空港のピープルムーバーは三菱重工業製。


まずは第一ターミナル(第二ターミナルは二日目に行っていたので割愛)。
P3264885.JPG
このターミナルは1981年の開港当初からあります。
建設したのは大阪の竹中工務店。ちょっと天井は低めですが、古さを感じない綺麗なターミナルです(*´ω`*)


P3264891.JPG
とんかつ屋の新宿さぼてんが
シンガポールでも日本食は人気だそうです。


そして第一ターミナルのお目当ては「展望デッキ」。
と言ってもシンガポールの気象条件、屋外ではなくエアコンの効いた屋内です(*´∀`)
P3264902.JPG
ジェットスター・アジアのエアバスA320-200(9V-JSN)。
同社は関空から1日2便〜3便、台北やマニラを経由してシンガポールまで就航しています。


P3264904.JPG
シンガポール航空のボーイング777-200ER(9V-SRM)。
関空では見かけなくなったシンガポール航空の777です。


P3264913.JPG
フィリピン航空のエアバスA321-200(RP-C9912)。
最近流行りのシャークレット(ウィングレットとは言わない)付き。


P3264920.JPG
エティハド航空のボーイング787-9(A6-BLE)。
アブダビの航空会社でオイルマネーを基にドンドン路線網を広げています(関空にも来ないかなぁ・・・・)


さて、第三ターミナルに戻りましょう!
P3264931.JPG

続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 13:11| 大阪 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業記念だョ?シンガポール旅行(その8:実食!海南チキンライスとマリーナベイサンズ再び)

こんにちは!(^o^)
今日は3月31日、長きに渡る学生時代も今日で終わりです。
明日からは社会人としてお国のために頑張りますm(_ _)m(何時代の人間やねん)

さて、前回の記事ではジュロンイーストからラベンダーまで戻ってきた所まで書きました。
今回はいよいよ本場の海南チキンライスを実食します!
セントーサ島のチキンライスはマラッカ風、一方今回のラベンダーのチキンライスは正真正銘のシンガポール風海南チキンライス。

そのお店は「天天海南鶏飯」。本店はマックスウェルフードセンター、ラベンダーはその支店となります。
DSC_0188.JPG
これが本場の海南チキンライス!


まずは鶏の旨味をしっかり吸い込んだご飯を食べる。美味!
そして次にプリプリの鶏肉を食べる。美味!!
口直しにスープとチキンライスに付く瓜みたいなものを食べる。これまた美味!
本当は薬味が付くそうなんですが、その時は気づかずに食べてました(^_^;)

それはさて置き、実に本場の海南チキンライスは素晴らしく美味でした!(≧∇≦)
さて次はマリーナベイサンズの噴水ショーです。

実はベイフロント駅とハーバーフロント駅を間違えてしまい、時間に遅れてしまったのはいい思い出です(;-∀-)

P3254809.JPG
マリーナベイサンズの屋外広場から見たマリーナベイのオフィス街。
やっぱり夜景は撮りにくい(ヽ´ω`)


P3254812.JPG
青く光っているのがマーライオン。
幻想的ですね。


そうこうしている内に噴水ショーが始まりました。
噴水をスクリーンに見立てて、音楽と映像が融合した非常に幻想的なものでした。
P3254833.JPG
写真で感動をお伝えできないのが残念ですm(_ _)m


P3254837.JPG
やはり一度自らの目で楽しんでいただきたいというのが率直な感想です。


これが驚きべきことに『無料』です。
昼間のシンガポール植物園にしろ、シンガポールは無料で楽しめるモノが結構ありました。

マリーナベイサンズやワールドリゾートセントーサのようなものが、2023年か2024年に大阪の夢洲に出来た時、こんなに感動的な噴水ショーが見れるかもしれない。期待が湧く結果になりました!(^o^)

15分の噴水ショーはあっという間に終わり、MRTで帰るのもなんだかしんどいので133番バスでラベンダーに戻ることに。
P3254863.JPG
シンガポールのバスは最初は戸惑いますが、使い慣れると実にMRTよりも便利です。
皆さんも「物は試し」、ドンドン使いましょう!(≧∇≦)


そして次回はいよいよ最後のスポット、チャンギ空港へ!
今日中に頑張って更新します(*´∀`)
posted by 大阪のしろきち at 12:38| 大阪 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業記念だョ?シンガポール旅行(その7:マーライオン&ハーバーフロントからジュロンイースト編)

さて、前回はバスでシンガポール植物園からマーライオンの近くまで行ったところまで書きました。
今回はその続きから・・・・・
P3254526.JPG
エスプラネード付近で撮影したSBSトランジットの2階建てバス(ボルボ B9TL)。


P3254530.JPG
エスプラネード公園の戦没者記念碑。

ここでは第一次世界大戦と第二次世界大戦で失われた命を後世に伝えています。

国や立場は違えども、祖国の為に戦ったわけです。気付いた時にはお辞儀をしていました。
シンガポールは第二次世界大戦中、日本軍が支配していた時期がありました。
その時に多くの命が失われるような出来事がありました。ここでは多くは書きませんが、決して正当化出来るような事じゃない事もあったのは事実です。

しかし、戦争が終わってから70年以上が経ち、今日ではシンガポールは多くの日本人観光客が訪れていますし、日本企業も多数進出しています。
日本とシンガポール、決して良いことばかりの関係では無かったかもしれませんが、今では深い友好関係に結ばれていると感じました。

おっと、マーライオンはどうなったの?と突っ込まれそうなので、そろそろマーライオンを^^;
とその前に・・・・・
P3254563.JPG
ビクトリアシアター&コンサートホール。
シンガポール交響楽団が本拠地を置いており、どことなく懐かしい中世のヨーロピアンな感じがします。


ではお待たせしました!
P3254588.JPG
マーライオンとマリーナベイサンズ。
今やシンガポールを代表する景色の組み合わせとなりました。


P3254592.JPG
勢い良く水を吐くマーライオン。
ライオンと魚を組み合わせています。


P3254602.JPG
ちょっと悪ふざけで^^;(全国のしろたんファンの皆さん、ゴメンナサイ!m(_ _)m)


さてさて、マーライオン。
あれ不思議とガッカリしませんね(^_^;)

なぜマーライオンは「ガッカリ名所」とか言われてたんでしょうか?
それはかつて置かれていた場所が原因です。
1972年にマーライオンはシンガポールのシンボルとして完成した訳ですが、設備の欠陥で水を吐き出さない時が多く出てしまいました。
しかも、マーライオンのすぐ近くに高架道路が出来てしまい、正面から見えなくなってしまったのがより一層「ガッカリ」感を増強させる結果に・・・・・

しかし、2002年に今の場所に移設。
常に水を吐き出すように設備が改良されて、2010年に開業したマリーナベイサンズと一緒に撮影できるという事で今では「ガッカリ返上」、愛される観光スポットに生まれ変わったのでした(*´∀`)

P3254631.JPG
ミニマーライオン。
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:56| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする