2017年04月15日

富山空港(後編)

さて前編に引き続き富山空港です。
ここで富山空港の特徴をちょっとだけ書いてみます。

この空港は神通川の河川敷にあります。
河川敷にある空港でジェット機がバンバン発着しているのは、ここ富山空港だけなんです(^o^)
ちょっと他の空港にはない特徴として・・・・・

DSCN0069.JPG
搭乗橋が堤防を乗り越えてる影響で「長い」事です。
堤防を乗り越えちゃう搭乗橋は世界でも珍しいようで^^;


他にも
toyama.PNG
誘導路を作れるスペースが無いので、滑走路の先にターニングパット(画像の赤丸で囲った場所)が設けられている事や・・・


そして、霧の中でも安全に着陸出来るように設置されているILS(計器着陸装置)。
ここ富山空港では進入方向を示すローカライザーと滑走路までの距離を示すT-DMEのみ設置され、降下経路を示すグライドパスが設置されていないのが特徴的です。
この影響で富山空港の欠航率は高いようですが、河川敷の影響でスペースが狭く、十分に対策が取れないのが現状です(ヽ´ω`)

とはいえ、手をこまねいている訳でもなく高精度の気象レーダーを導入したり、出来る限りの対策はしているようです。

さて、今度は中国南方航空の大連線が到着する所を見てみましょう。
到着前には・・・・・
DSCN0208.JPG
トーイングトラクター。


DSCN0212.JPG
ジェット燃料満載のタンクローリー。
大きな空港では駐機場の下に燃料の配管が通っているのですが、ここ富山空港ではタンクローリーで運ばれてきます。


そうこうしている内に02滑走路に・・・
DSCN0218.JPG
着陸!


機種はエアバスA319-100。
関空でもちょくちょく見かけます(^o^)
DSCN0230.JPG
機体記号はB-2296。
富山の他にも関空・セントレアによく顔を出しているようです。


DSCN0241.JPG


DSCN0249.JPG
ボーディングブリッジ(搭乗橋)に接続されました。
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 19:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山空港(前編)

こんばんは!(^o^)
せっかく大阪を離れたわけで、北陸といえば金沢の兼六園・ひがし茶屋街、富山のアルペンルートといろいろ行きたい気持ちはある訳ですが、やはり新社会人であるが故に財布がお寒い状況(´;ω;`)ブワッ

そんな訳で考えた結果、まだ富山空港(富山きときと空港)には行ったことがないという訳で・・・・・
DSCN0049.JPG
富山駅と富山空港を結ぶバス。
車種は日野・ブルーリボンシティハイブリッド(富山230あ529)。


DSCN0054.JPG
国内線出発口。
福岡空港第一ターミナル(現在は閉鎖)の雰囲気によく似ています。


DSCN0058.JPG
国際線出発口。
時間が時間(朝10時前)なだけに、がらんどうとしています。


空港といえば展望デッキから見るヒコーキがまた格別(*´∀`)
富山空港の展望デッキはありがたいことに無料で入れます。
DSCN0090.JPG
展望デッキに置かれていた富山空港の概要ボード。
富山空港の滑走路は長さが2000m、幅が45m。ジェット化空港としては最小限の設備です。
そんな空港でも一時期は大型機のボーイング777、今でもボーイング767が発着しています。


DSCN0080.JPG
ANAのボーイング767-300(JA8669)。
日本の空を飛び続けて今年で22年。ベテラン機です。
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 18:45| 大阪 ☁| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする