2017年08月17日

夏の静岡&東京(その11)

前回は日本平からバスで静岡市内へ戻りました(日本平も静岡市内なんですけどね^^;)
今回は静岡市内、そして新幹線で離れるところまで書きます。

P8133943.JPG
静岡伊勢丹。
この日は静岡夏まつり・夜店市が開かれており、非常に周辺は賑わっていました。


P8133950.JPG
呉服町タワー。
2014年竣工で高さは108m、階層は地上29階・地下1階。低層部にはスターバックスコーヒーやTSUTAYAが。
P8133947.JPG
高層部は281戸の住宅になっています。


P8133975.JPG
左の高層ビルが静岡市役所新館・葵区役所、右が静岡市役所本館。

P8133976.JPG
静岡市役所と向かい合うのが静岡県庁。
静岡県庁舎は1937年に竣工しコンクリート造りの洋風建築に瓦を載せた「帝冠様式」になっています。
今でも現役で活用されています。


P8133985.JPG
静岡県庁別館。
1996年に竣工し、高さはアンテナを含めて110m、階層は地上21階地下2階。
静岡県警本部が入居している他、静岡県の防災関係の部署も入居しています。
東海地震に備えて非常に高い耐震性能を誇っているそうで、そのせいか「要塞」みたいなデザインです(;-∀-)


静岡駅前に戻って最後の撮影(*´∀`*)
P8134047.JPG
しずてつジャストラインの三菱ふそう・エアロスターK(浜松22か2586・1996年製)。
浜岡営業所所属で浜松ナンバーを装着しています。観光マスクのエアロスターはなかなかお目にかかれません。


P8134088.JPG
しずてつジャストラインのいすゞ・エルガミオ(静岡200か890・2017年製)。
今年導入されたばかりの新型エルガミオです(^o^)
しかも復刻塗装です。


静岡駅の中で夕食を取った後、新幹線で帰路に・・・・・
「飯に困った時は駅ビルへGO!」はいい教訓です。
P8134141.JPG
静岡駅に停車中のひかり号。


P8134144.JPG
東海軒のサンドイッチと。

P8134151.JPG
新幹線名物のアイスクリーム(シンカンセンスゴクカタイアイス)。


無事に新大阪駅へ戻ってきました\(^o^)/
一歩降り立って、コンコースへ降りると東京以上の喧騒で「ああ帰ってきたんだな」としみじみ思います。

今回の東京・静岡旅行、教訓だらけでした^^;
・夜行バスで到着した当日に長距離移動しちゃいけない(体力面で)
・富士山は必ず見えるものじゃない
・飯に困ったらとにかく駅ビルに行け
・あまり旅先で飲みすぎるな
次回、夜行バスで行くとしたら一都市に絞ると思いますし、もっとゆとりのある行程にします。
とはいえなかなか楽しかったのは言うまでもありませんが(*´∀`*)

では、次はどこへ出没しましょうかね?(・∀・)ニヤニヤ
西へ東へ、しろきちさんはどこでも行っちゃうかも(⌒▽⌒)

最後までお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m
ラベル:静岡
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

夏の静岡&東京(その10)

前回は日本平から久能山までロープウェイで向かう所で終わりました。
今回はその続きから・・・・

P8133733.JPG
久能山の山下を望む。
いちご狩りで有名だそうで、栽培用テントが多く並びます。


さて、この久能山には全国各地にある東照宮の総本山となる「久能山東照宮」があります。
ここには江戸に幕府を開いたことで有名な徳川家康公が眠っていることで知られています。
P8133740.JPG
久能山東照宮博物館。
今回は入りませんでしたが、ちょっと見てみたかったです(;-∀-)


P8133749.JPG
東照宮の楼門。
楼門を通りかかると、左手には五重塔の跡があります。
P8133781.JPG
明治時代まではここに五重塔がありました。
神仏分離令の時に五重塔が撤去され、代わりに駿府城に植えられていたソテツが移されました。


P8133756.JPG
石造りの鳥居。
くぐり抜ければ目の前に唐門が見えてきます。


P8133799.JPG
神庫。
神社にはよくある建築物で、この東照宮も徳川家康を祀った「神社」という事なんですね(^o^)


P8133803.JPG
御社殿(国宝)。
外から見ても黒と金と極彩色が美しい建築物ですが、内部はそれ以上に美しいそうです。
残念ながら普段は内部非公開でご祈祷やご結婚の時に内部を眺めることが出来ます\(^o^)/


P8133807.JPG
なんとも息を呑む美しさです(*´∀`*)


P8133819.JPG
空をイメージしたような青色の地、その両端には蓮華の花、真ん中には鳥が配されています。
恐らく極楽をイメージしてるんでしょうね。


P8133824.JPG
青色の獅子の絵も極彩色で描かれています。


P8133830.JPG
神廟。
この場所にまさに徳川家康公が眠っているんですね。

と書きましたが、一旦久能山東照宮に葬られた後に、改めて日光東照宮に葬られたというのが通説です。
とはいえ、実際に掘り返して調査したわけではありませんし、正直掘り返す必要もない訳です。
私としてはやっぱり「久能山にいるんじゃないかな」と思うわけです。

徳川家康公に関しては色々と好き嫌い分かれる人でもあります。
しかしながら、400年もの間平和を保ち続けた江戸幕府を作り上げた功労者です。もし彼が江戸幕府を開かなければ、恐らく日本文化の半分は無かったんじゃないかとも感じます。
P8133842.JPG
御社殿を別の方向から。
やっぱり素晴らしい建築物です。美しい・・・・


P8133875.JPG
楼門より唐門・御社殿を眺める。


久能山東照宮、今度は博物館も併せて見たいと思いました。
P8133898.JPG
東照宮門前で購入した瓶入りコーラ。

そしてロープウェイで日本平へ・・・・・

帰りのロープウェイのガイドさん、話が非常に上手かったのが記憶に残っています(*´∀`*)
流石はベテランと思いつつ、あっという間に日本平に到着です。
P8133900.JPG
日本平ロープウェイ日本平駅。


さて、静岡市内へ戻りましょう(^o^;)
富士山こそは見えませんでしたが、代わりに素晴らしい建築を見れたので大満足です。
P8133934.JPG
しずてつジャストラインのいすゞ・エルガ(静岡200か841)。
日本平線は復刻塗装がよく入るのでしょうか? 行きも帰りも復刻塗装です。


次回はいよいよ最終回となります。
ご期待下さい!
posted by 大阪のしろきち at 18:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の静岡&東京(その9)

前回は三保の松原で静岡おでんを食べてきたわけですが、今回は三保の松原を出るところから。
P8133591.JPG
しずてつジャストラインの日野・レインボーII(静岡200か515)。
これで新清水まで戻ります。


正直、新清水から久能山下行って、そこから久能山東照宮→日本平を目指すルートにしようと考えたんですが、体力面の都合で楽なコースに(;-∀-)
P8133596.JPG
静岡鉄道新清水駅。
ここから長沼まで乗ります。

P8133601.JPG
静岡鉄道長沼駅。
すぐ近くには・・・・・


P8133608.JPG
バンダイホビーセンター。
ガンプラを国内で唯一生産している工場として知られています!(*´∀`*)
実はここにある事を降りるまで知りませんでした。

ここの工場見学はかなり人気だそうで、倍率が20倍超えが当たり前とも噂されています。
ガンプラにそんなに興味のない私ですが、機会があれば覗いてみたい所です(^o^)

少し南に歩けば東静岡駅の再開発エリアが見えてきます。
P8133614.JPG
マークス・アネシスタワー東静岡。
2014年に竣工し、階層は28階、高さは98m。こういう再開発エリアにタワーマンションは「定番」な印象を受けます。


P8133634.JPG
静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)。
世界的建築家である磯崎新が設計を手掛け1999年に竣工。全長は200m、高さは60m、総延床面積は6万平方メートルを超える巨大建築物です(⌒▽⌒)


P8133650.JPG
JR東静岡駅。
グランシップのイベント時に大量の乗客を捌けるよう、少し広めに作られているのが特徴です。


先程までは北口でしたが、今度は南口から・・・・・
P8133668.JPG
NTTドコモ静岡ビル(ホントは北口にあるんですが、写りが良かったので^^;)
2003年に竣工。高さは82m、階層は18階。上の鉄塔まで含めると160mと静岡市内最高の建築物になります。


P8133681.JPG
マークス・ザ・タワー東静岡。
2010年に竣工。高さは107m、階層は28階。東静岡はタワーマンションが3棟並びます。


そうこうしている内に日本平行きのバスが到着しました。
P8133709.JPG
しずてつジャストラインのいすゞ・エルガ(静岡200か838、2016年製)。
静岡鉄道バス時代の復刻塗装ですが、色々とバリエーションがあるようです。


それでは日本平へ向かいます!(^o^)続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 12:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする