2017年08月14日

夏の静岡&東京(その5)

前回は池袋から東京まで丸ノ内線で移動した所まで。
後楽園付近で東京ドームを眺めつつ、列車は東京駅へ向かっていきます。
こうして東京駅へまた戻ってきました。

東京駅八重洲口のバスターミナルで少々撮影^^;
P8122983.JPG
東武バスセントラルのいすゞ・ガーラ(足立200か2534、車両番号:2875)。
東京スカイツリーへのシャトルバスで運用されていますが、羽田空港へのリムジンバスにも投入されているとか。


P8122996.JPG
東京空港交通の三菱ふそう・エアロエース(品川200か3067、車両番号:304)。
QTG-代のエアロエースで、ナンバープレートから見て2016年〜2017年の間に導入されたようです。


P8123006.JPG
日東交通の三菱ふそう・エアロエース(袖ヶ浦200か900)。
この車両が使用されているのはアクアライン経由の高速バス。
東京湾アクアライン開通後の日東交通は東京方面への高速バスがドル箱になっています。これは明石海峡大橋開通後の徳島バスや、少し古い話では中央自動車道開通後の信南交通も似たような感じです。


P8123012.JPG
茨城交通のいすゞ・ガーラ(水戸200か1209)。
茨城交通といえば「ガルパンバス」で有名ですが、こちらは通常塗装です^^;


ここで近くの富士そばに入り昼食を撮り、また撮影再開。
富士そばで(私を含めて)多くの人がカツ丼を注文していましたが、どうやらこの店は蕎麦屋の看板を掲げたカツ丼屋のようです(゚∀゚)

P8123020.JPG
東京空港交通の三菱ふそう・エアロバス(成田200か1270、車両番号:279)。
こちらは成田に配属されているようです。
東京空港交通の車両番号、本当はもっと長いんですが撮りそびれました(ヽ´ω`)


ここで少し街を散策してみましょう。
P8123022.JPG
永代通りに立ち並ぶビル群。
平日はいつもビジネスマンで賑わう姿が想像できます。


P8123069.JPG
東京駅八重洲口。
大屋根のグランルーフが特徴的です(こちらにJRバスのバスターミナルがあります)。

P8123073.JPG
東京建物本社ビル。
国内最古の不動産会社として知られる東京建物の本社ビルで、1929年(昭和4年)の竣工以来、今日まで使用され続けている近代建築です(*´∀`*)


P8123081.JPG
グラントウキョウノースタワー。
こちらは低層部に駅弁販売で有名な大丸東京店が入居しています。こういうガラス張りのビルも美しいもんです。


そんな所に有明から戦利品を抱えて持って帰ってきた戦士を乗せたバスが帰ってきました(*´∀`*)
P8123088.JPG
東京都交通局の三菱ふそう・エアロスター(練馬200か2546、車両番号:N-W455)。
普段は王子駅をメインに走っていますが、コミケの臨時便として投入されています。
ところで参加者の皆さん三日間の激戦、お疲れ様でしたm(_ _)m


という訳で私も次の目的地、静岡へと向かいます。
P8123125.JPG
静岡にのぞみ、停まってくれないかなぁ・・・・・(無理)
ラベル:東京
posted by 大阪のしろきち at 13:57| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の静岡&東京(その4)

前回は原宿から池袋までバス(池88系統)で移動した訳ですが、正直言うと池袋ではバスしか見ていないような気がします(苦笑)

P8122900.JPG
池袋駅東口の都営バス。
富士重工製車体も少なくなりました。ナンバーは練馬200か720(F-K501)。日産ディーゼル製のシャーシに富士重工の7E車体を載せています。


P8122903.JPG
西武池袋本店。
国内有数の売上を誇るデパートで、デパ地下に定評があるそうです(^^)


東口のデパートは西武、西口は・・・・・
P8122913.JPG
東武百貨店池袋本店。
西口なのに東武、東口なのに西武というのが不思議な感じですが、池袋を代表するデパートです^^;
こちらもデパ地下が定評だそうで(食い物の話ばっかり!)


池袋駅はJR山手線のみならず、埼京線、湘南新宿ライン。私鉄に目を向ければ東武東上線・西武池袋線、地下鉄に目を向ければ東京メトロ副都心線・有楽町線・丸の内線と多くの路線が接続しています。
とある番組で「池袋は埼玉県だ」と言われていましたが、確かに埼玉方面へのアクセスが充実している印象があります(*´∀`*)

そんな池袋駅は東口は都営バス、西口は国際興業バスが多く発着していることで知られています。
今回は西口にフォーカスを当ててと。
P8122910.JPG
国際興業のいすゞ・エルガ(練馬200か1341・車両番号5024)。
国際興業グループ内にいすゞの販売代理店がある影響で、基本的に全ていすゞ製で揃えているのは有名な話かも?しれません。


P8122934.JPG
関東バスの日野・ブルーリボン(練馬200か3209・車両番号D7208)。
関東バスも本数は少ないんですが、池袋駅西口に乗り入れてたりしています。


大手家電量販店のビックカメラ、池袋駅東口に本店がありますが、西口にも店を構えています。
上新電機が大阪の日本橋に複数店舗を構えているのと同じことでしょうね^^;
P8122940.JPG
ビックカメラ池袋西口店。


P8122961.JPG
国際興業のいすゞ・エルガ(練馬200か2182・車両番号5222)。

正直、国際興業も乗っとけば良かったかなと若干は後悔しています(;´∀`)
次行った時には高島平行きでも日大病院行きでも乗ろうかと真剣に思っています。

そんな訳で今度は丸ノ内線で東京駅へ戻ります。
P8122973.JPG
東京メトロ02系。
丸ノ内線の主力車両(というよりこれしか走っていない)で、現在は本線用に6両編成53本、方南町支線用に3両編成6本が活躍しています。


次回は東京駅へ戻ります。
ラベル:池袋 東京
posted by 大阪のしろきち at 12:31| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の静岡&東京(その3)

おはようございます(^o^)
二重橋前から千代田線で明治神宮前まで移動した訳ですが・・・・・
前回最後に取り上げた「かわいすぎるかき氷店」とは!?

P8122832.JPG
明治神宮前の駅名標。
副駅名に原宿と付いていますが、明治神宮のすぐ近所が原宿なんですよね(⌒▽⌒)


P8122841.JPG
浮世絵風のマナーポスター。
こういうのいいですね(*´∀`)

明治神宮前駅の7番出口を通ると、目の前にはバス停が。
P8122845.JPG
このバス停留所の反対側を向くと・・・・・
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 11:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の静岡&東京(その2)

こんばんは!(^o^)
ホントは静岡のホテルで一気に一日目の記事を書いてしまいたかったんですが、疲れていたのと酔っ払って寝落ちしかけた影響で一本しか投稿できませんでしたm(_ _)m

今、自宅ベッドの上で記事を打ってます^^;
さて前回はVIPライナーで東京に到着した管理人。

久々の東京という事で、日本橋・丸の内界隈を少しだけお散歩。
P8122559.JPG
日本橋タカシマヤ
1933年(昭和8年)に竣工、その後も約30年にも渡って増築を繰り返しながら規模を拡大しました。
2009年(平成21年)には国の重要文化財に指定された「現役の文化財」です。
中も覗きたかったんですが、ちょっと時間的余裕がありませんでした(ヽ´ω`)


実は昼頃にも日本橋界隈を歩いているので、次は丸の内界隈の写真を・・・・・
P8122671.JPG
東京ビルディング。
三菱電機本社とJPモルガンの日本拠点等が入居しています。こういうデザインの超高層ビル。私は好きですね(^o^)


P8122676.JPG
八重洲側の超高層ビル群。
こういうのを見るとグランフロント大阪をなんとなーく思い出します。


P8122693.JPG
東京駅の赤レンガ駅舎(丸の内口)とはとバス軍団。
はとバスなら東京観光も楽々!(別にステマじゃないですよ^_^;)


P8122736.JPG
JPタワー。
東京中央郵便局跡地に2012年に竣工しました。低層部の商業施設「KITTE」の外観は旧東京中央郵便局のものを利用しています。
下に写るシルバー地の赤色のバスは東急バス。東京駅から等々力操車所まで運行しています。


P8122703.JPG
丸の内ビルディング。
1952年に竣工した「東洋一のビル」とも言われた同名のビルを1999年〜2002年にかけて建て替え。
低層部は先代のものを受け継いだようなデザインに仕上げています(*´∀`)


P8122793.JPG
東京駅赤レンガ駅舎(丸の内口)を出来るだけ広く見てみる。
2階建て部分を3階建てに「復興」したお陰で風格がより増したように感じます\(^o^)/


そんな訳で二重橋前から明治神宮へ移動します。
P8122824.JPG
小田急60000系(MSE)。
地下鉄乗り入れに対応するために先頭車両には非常扉or貫通扉が付いています。


次回は男一人で「かわいいすぎる」かき氷店に潜入(?)します(*´・ω・`)
ラベル:東京
posted by 大阪のしろきち at 00:16| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする