2018年05月29日

和歌山城天守閣

今日は和歌山のシンボル、和歌山城天守閣です。
DSC_1880.JPG
凛とした姿ですね(*´∀`)

DSC_1891.JPG
天守閣前の売店。
2018年(平成30年)4月にリニューアルオープンし、従来は売店だけでしたが、リニューアル後は飲食スペースが設けられオリジナルメニューあが楽しめます。

DSC_1892.JPG
3重3階の大天守。
小天守もあり、姫路城・松山城と並ぶ「日本三大連立式平山城」とも言われています。

和歌山城天守閣は1850年(嘉永3年)に一度再建されましたが、1945年(昭和20年)の和歌山大空襲で消失してしまいました(こちらは名古屋城天守閣と同じ事情ですね)。
その後、1958年(昭和33年)に東京工業大学の藤岡通夫氏の指示のもと、鉄筋コンクリート造で再建されました。
DSC_1905.JPG
天守二の門と二の門櫓。
天守二の門だけは木造で再建されました。

せっかくなので入場料410円(大人)を支払い、天守二の門をくぐる事に・・・・・
石段を登るとちょっとした庭園が見えてきます。
DSC_1920.JPG
庭園と乾櫓。

DSC_1927.JPG
小天守から入るような形です。

現在の和歌山城天守閣は1階部分と2階部分に展示室、3階部分が展望室になっています。
1階部分・2階部分よりも、私としては天守閣からの眺望がたまらない訳で(*´∀`)
DSC_1948.JPG
西方の眺望。
遠くには紀の川河口大橋と和歌山港が見えます。

DSC_1975.JPG
北方の眺望。
和歌山市役所と右手にはモンティグレ・ダイワロイネットホテル和歌山。
そして2021年には和歌山市役所とモンティグレの間に和歌山市民会館・和歌山県立医科大学薬学部が出来ます。

DSC_1971.JPG
東方の眺望。

DSC_1998.JPG
南方の眺望。

DSC_2017.JPG
南方(ちょっと西寄り)の眺望。
和歌山県立近代美術館が見えます。ここには元々和歌山大学のキャンパスが置かれていました。

近年、昭和の高度経済成長時代に鉄筋コンクリート造で再建された天守閣の老朽化が進み、名古屋城天守閣のように木造再建すべきか、鉄筋コンクリート造のまま耐震改修を行うべきかという議論が各地で撒き起こっています。
和歌山城も耐震診断で「震度6強〜震度7で倒壊する恐れがある」という診断が出ています。
震度6強〜7で倒壊危険性 和歌山城天守閣耐震診断 木造再建か補強か、早期決断へ検討」(産経新聞・2018年4月20日)
その中で和歌山城天守閣も耐震補強か木造再建か、2年掛けて議論される事になります。

2年後、耐震補強か木造再建か、どちらかに決まると思われますが、どちらになっても1年以上閉鎖される事は確実です。
今年で再建60周年、登るなら今でしょ!(*´∀`)
ラベル:和歌山城
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする