2018年06月05日

変化する羽衣駅前(2018年6月)

大阪市内から羽衣へ移動。
かつて羽衣駅周辺は高級別荘地として栄え、現在でも多くの住宅やマンションが建ち並び、商店街もあり、それなりに開けています。

まず、羽衣駅の西側は今年の3月26日にオープンしたばかりの「ホテルルートイン大阪高石-羽衣駅前-」から。
DSC_6722.JPG
13階建て、客室数は172室。高さは約40m程度です。

泉州エリアでは2017年3月に客室数200室の「ホテルルートイン和泉」が開業。2019年5月に客室数230室の「ホテルルートイン東岸和田駅前」に開業する予定です。
DSC_6732.JPG
東羽衣側より。
トレインビューの部屋があるのかが気になります(*´∀`)


そして「ブランズタワー羽衣」も工事が着々と進んでいました。
DSC_6725.JPG
海側より。
知らない間に高さが出てきました。

hagoromo.PNG
2019年夏頃にはこのような感じで完成します。(画像はhttp://www.tokyu-land.co.jp/news/494e233e9bdc5e31cc93a50832ef17d6_1.pdf(PDF)より)

DSC_6763.JPG
階数は7階〜8階分あたりといった所でしょうか。


羽衣駅前もルートイン開業、ブランズタワー羽衣建設で変わりつつありますが、この後も更に変化するんじゃないかと期待している私がいます(*´∀`)
ラベル:羽衣
posted by 大阪のしろきち at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする