2019年01月31日

ネパール航空の大阪(関空)−カトマンズ線は2019年2月27日頃就航か?

こんばんは(*´∀`)
1月も気づけばもう終わり、日々というのは思う以上に早く過ぎてしまうものです(;-∀-)

さて、関空に間もなく就航予定のネパール航空(就航というよりかは復活でしょうか・・・・・?)
新しい動きがまたありました!
nepal.png
ネパール航空のエアバスA330-200(画像はhttps://thehimalayantimes.com/kathmandu/pac-seeks-ppmo-clarification-on-wide-body-procurement-summons-min-adhikari/より)
この機体の愛称は「Makalu」。この機材で関空とカトマンズを結びます(*´∀`)

REQUEST FOR PROPOSAL (RFP): NAC CREW LAYOVER, OSHAKA」(ネパール航空・PDF)
OSAKAじゃなくてOSHAKAになっているのが、ご愛嬌といった所でしょうか・・・・・(;-∀-)

それは置いといて、先程出したリンクは「大阪での乗務員の宿泊場所(ホテル)に関する入札」です。
条件としては・・・・・
・4つ星 or 5つ星ホテルであること。
・シングルルームを4室、ツインルームを3室用意すること。
・契約期間は2019年2月27日から2021年2月26日。
・乗務員のチェックイン時間は夏季スケジュール期間が10時50分、冬季スケジュール期間が12時00分。チェックアウト時間が夏季スケジュール期間が10時20分、冬季スケジュール期間が12時00分

そして注目すべき部分は
NAC crew Checks-in. As per the schedule the time of arrival and departure is 0950 & 1120 LT in summer and 1100 & 1300 LT in winter respectively. However, this time of arrival and departure is subject to change as per flight schedule.

という部分です。

つまり、これは出発時刻と到着時刻を意味しています。
夏季スケジュール中は関空に9時50分到着・11時20分出発、冬季スケジュール中は関空に11時00分到着・13時00分出発という風になります。
そして更に「契約期間」ですが、これが2019年2月27日からとなっています。
要するに2月27日頃に関空へネパール航空が就航(復活)すると考えてもおかしくなさそうです。

着々と関空線の就航準備が進んでいることを如実に表れていますね(*´∀`)
現在、日本にいるネパール人は8万0038人(2017年末の数字・http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00073.htmlより)。これから外国人労働者受け入れ拡大で増えることは確実でしょうから、大いに需要の見込める路線になりそうです!(≧∇≦)
posted by 大阪のしろきち at 22:44| 大阪 ☔| Comment(0) | 航空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

ヨドバシ梅田タワー(2019年1月現在)

おはようございます(*´∀`)
今朝は1月最後の週末のヨドバシ梅田タワーです。
『建築計画のお知らせ』(抜粋)
・建築主:株式会社ヨドバシカメラ
・設計者:五洋建設株式会社大阪支店 一級建築士事務所
・工事施工者:五洋建設株式会社大阪支店
・建築物の名称:(仮称)ヨドバシ梅田タワー
・敷地の位置:大阪府大阪市北区大深町4番8
・敷地面積:6,708.64平方メートル
・延べ面積:111,527.16平方メートル
・容積率対象面積:92,287.68平方メートル
・構造:鉄骨造(一部 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
・高さ:約149.90m
・階数:地上35階、地下4階、塔屋2階
・工事着手予定時期:平成29年8月8日
・工事完了予定時期:平成31年12月末日

DSC_0556.JPG
去年の6月に鉄骨建方が本格化してきたところでしたが、約7ヶ月でここまで伸びました!
早い!(;-∀-)

DSC_0533.JPG
もう間もなくで最高部も出来そうな所です。

DSC_0565.JPG
商業施設部分の外壁取り付けはほぼ終わりに近づいています。

DSC_0569.JPG
ノースゲートビルディング側からも。
もう2ヶ月もすれば、1番上まで外壁が付いて、内装工事が本格化しそうな展開です。

DSC_0501.JPG
歩道橋の工事も進んでいました。

DSC_0512.JPG
ヨドバシ梅田(既存部分)との接続工事も進んでいましたが、気になるのはヨドバシ梅田タワーの方にある出っ張り。
ここにエレベーターでも入れるのでしょうか?

DSC_0521.JPG
接続部分はまだ仮設の幕で覆われていました。
posted by 大阪のしろきち at 06:00| 大阪 ☀| Comment(2) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

杭全神社と大念仏寺(後編)

こんばんは!(*´∀`)
昨日はブログ側のサーバートラブルで更新できませんでしたm(_ _)m

さて、今日は「杭全神社と大念仏寺(前編)」の続き「後編」ということで、大念仏寺へ(*´∀`)
創立は1127年(大治2年)、日本で最初に創立された「念仏道場」で、融通念仏宗の総本山でもあります。
DSC_0417.JPG
大念仏寺の南門。
元は古河藩陣屋門だそうで、平野小学校の表門として使われた後1962年(昭和37年)に今の場所に移設されました。

DSC_0443.JPG
大念仏寺の山門。
江戸初期の建造で額縁には山号である「大源山」が描かれています。

DSC_0434.JPG
大念仏寺の山門と本堂は登録有形文化財です。

DSC_0449.JPG
円通殿(観音堂)。
聖観音立像を中心に祀り、左右には日月祠堂位牌が安置されています(中見たかったなぁ・・・・・。

DSC_0469.JPG
本堂。
1938年(昭和13年)に再建された大阪府内最大の木造建築。
内部は撮りませんでしたが、非常に広く、実に落ち着ける雰囲気でした(仏様に見守られているような気分です(*´∀`))。

DSC_0472.JPG
経蔵。
江戸・元禄年間の建造ですが、去年秋の台風21号の影響なのか、所々傷んでる箇所が・・・・・

そしてこの寺は年に一回(8月の第四月曜日)だけ開かれる「幽霊博物館」の場所でもあります(*´∀`)
この幽霊博物館は「平野町ぐるみ博物館」の一環として行われており、他にも「くらしの博物館」や「新聞屋さん博物館」などもあるそうです。
DSC_0481.JPG
宝物館。
この中に幽霊博物館の展示品である幽霊掛軸などが収蔵されています。


杭全神社と大念仏寺、どちらも街中の神社・寺ではありますが、素晴らしい風情で心が癒やされるような一時でした(⌒▽⌒)
こういう街中の神社・寺もどんどんクローズアップしていきたいものです。
ラベル:大念仏寺
posted by 大阪のしろきち at 22:03| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする