2019年08月04日

夏の京都へ(鞍馬寺編の続き)

こんにちは!(*´∀`*)
今日の深夜にお送りできなかった分をお送りしたいと思います(*^^)v
(昨日の京都で疲労困憊なので、今日はニートです・・・・・)

前回は由岐神社の山門を写して終わりましたが、今回はその続きから。
DSC_0629.JPG
由岐神社。

この神社の祭神は大己貴命と少彦名命、元は宮中に祀られていましたが災害が立て続けに起きたため、940年(天慶3年)に現在の場所に遷されました。
鞍馬寺の鎮守社で、例祭である鞍馬の火祭は鞍馬に住む人々がかかり火を持って神様を迎えたという逸話から来ているそうです。
DSC_0646.JPG
御神木の杉。
樹齢800年という長寿な杉です。神々しさを感じます(*´∀`*)

DSC_0666.JPG
由岐神社・拝殿。
1607年(慶長12年)に豊臣秀頼公によって再建され、既に400年以上建ち続けています。
現在は重要文化財に指定される位に貴重な建築物です。

寺の中に神社があるという所は、清水寺(地主神社)や粉河寺(粉河産土神社)、立石寺(山寺日枝神社)がありますが、これらも日本が長い事守ってきた「神仏習合」という伝統の名残なのではないかと思います。
1869年(明治元年)に「神仏分離令」が出され、その文化は破壊されたとも言われていますが、実際にはこのような形で行き続けていることが分かりますね。

ここからは九十九折参道を登っていきます。
正直健康な人でも辛い道ですが、登りきったときには清々しい気持ちになれます(*´∀`*)
DSC_0694.JPG
双福苑。

DSC_0698.JPG
参道というよりかは、ちょっとした山道です。
鬱蒼と茂る樹木の合間を歩いているうちに心が洗われていきます。

DSC_0710.JPG
時には自然の厳しさというものも目にします。
こちらは去年(2018年)9月の台風21号で倒れた樹木。猛烈な風雨によっていとも簡単に折れてしまいました・・・

DSC_0719.JPG
中門。
これが見えると、折り返し地点に到達です(*´∀`*)

DSC_0739.JPG
この石段を登れば、いよいよラストスパートです。
その前に浄心亭でかき氷を頂きますm(_ _)m

DSC_0786.JPG
本殿金堂と金剛床。
ようやく着きました・・・・・(;-∀-)

この日の京都の気温は35度を超え、すっかり服は汗でぐっしょり。
金剛床で宇宙のエネルギーを吸収しつつ、しばしの休息。

この本殿金堂の本尊は毘沙門天。
毘沙門天といえば信貴山の朝護孫子寺も有名ですね(是非、虎だらけの信貴山朝護孫子寺も御覧ください!)

そして、光明心殿の本尊は護法魔王尊像。
この護法魔王尊像をよく見ると鼻が「天狗」のような容姿をしています。
つまり「鞍馬天狗のリーダー」的な存在でもあるわけですね(*´∀`*)
DSC_0766.JPG
光明心殿。

そろそろ山を降りるとしましょう。
本当はここから貴船神社の方へ抜けることが出来ますが、猛暑でこれ以上歩く力もなく・・・・・
DSC_0822.JPG
多宝塔。

DSC_0830.JPG
ケーブル多宝塔駅。

帰りはケーブルカーに揺られることにしました。
途中の車窓には数多くの倒木が・・・・・

人間の力ではどうすることも出来ないような、自然の脅威をまざまざを見せつけられます。
鞍馬駅へ戻り、貴船神社の玄関口・貴船口駅へ。
DSC_0846.JPG
鞍馬駅のプラットホーム。
天狗の仮面が取り付けられています。

次回は貴船神社編です。
ラベル:鞍馬寺
posted by 大阪のしろきち at 17:15| 大阪 ☀| Comment(2) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の京都へ(鞍馬寺編)

こんばんは!(*´∀`*)
昨日は(猛暑でおなじみの)夏の京都にふらりと小旅行へ出掛けてきました(^o^)

この日の京都の気温は驚きの「38度」・・・・・(´;ω;`)
京都で38.2度 熱中症で2人意識不明」(47NEWS(京都新聞)・2019年8月3日)
このように熱中症で病院に搬送される人が出てくるなど、本来であれば外出するのも危ないレベルです。
(取材中、500mlのペットボトルが何本も消えていったレベルです・・・)

そんな中でも少しでも「涼しい所」と思い、今回は鞍馬寺と貴船神社をメインにすることにしました。
まずは鞍馬天狗でおなじみの「鞍馬寺」から!
京阪電車と叡山電車に揺られて、辿り着いたのは鞍馬駅。
DSC_0487.JPG
鞍馬駅舎。
1929年(昭和4年)に建てられた駅舎を今も使用し続けています。
(レトロ感がいいですね)

DSC_0483.JPG
鞍馬の天狗像。
雪の重みで鼻が折れていた時には、ユーモラスにも「絆創膏」が貼られていました。

鞍馬駅から昔ながらのお土産屋・食事処の並ぶ道を通り、入り口となる仁王門へ。
DSC_0508.JPG
鞍馬寺・仁王門。
1911年(明治44年)に再建、左右に金剛力士像が並べられ、お寺を守る要になっています。

仁王門で愛山費(入場料)を支払い、山道を登ります。
途中まではケーブルカーも走っていますが、せっかくなのでこのまま山道を歩き続けます。
DSC_0534.JPG
石段続きの参道。
途中からちょっとした登山道の趣に変化します。

DSC_0550.JPG
放生池の前の滝。
見るからに涼しそうです(*´∀`*)

DSC_0566.JPG
吉鞍稲荷社。

DSC_0602.JPG
鬼一法眼社。
昨年(2018年)9月の台風21号で半壊状態になってしまいました・・・・・(´;ω;`)

鞍馬寺は境内の樹木が倒れるなど、台風による大きな被害を受けました。
その傷跡が1年近くたった今でも残っています・・・
DSC_0591.JPG
鬼一法眼社の近辺で倒れた樹木。

なんとも言えない思いを抱きつつ、山道を登っていくと由岐神社が見えてきます。
DSC_0629.JPG
由岐神社の山門。

今日は管理人疲労につきこの辺で失礼しますm(_ _)m
ラベル:京都 鞍馬寺
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする