2019年08月16日

タイ・バンコク旅行記(その2:東南アジアのニューヨーク・バンコクへ!)

こんばんは!(*´∀`*)
前回更新から数時間しか経ってませんが、2本目です!

前回は入国審査を終えた所まで書きましたが、今回はそこから。
DSC_0410.JPG
スワンナプーム空港の到着ロビー。
この旅客ターミナルを設計したのはドイツ人建築家のヘルムート・ヤーン。施工を担当したのはイタリアンタイデベロップメント、そして竹中工務店と大林組です(どちらも大阪に縁の深い会社ですね!)

DSC_0415.JPG
フライトボード。
出発地を見てみると、シドニーやパロ、ジャカルタ、昆明と多くの地名が並びます。

スワンナプーム空港からはエアポートレールリンク(ARL)でバンコク市内へ向かいます。
スワンナプーム空港からパヤタイ駅を結ぶこの路線、かつてはマッカサン駅まで直通列車(エクスプレス)も走っていましたが、現在は普通列車にあたるシティラインのみの運行に・・・・・
そのため、途中からは地元の利用者も乗り込んできて大混雑(;-∀-)

そんでもって、今回宿泊するホテルのあるラーチャプラーロップ駅で降車。
DSC_0419.JPG
ラーチャプラーロップ駅の改札外から見た街並み。
押し寄せる車の波、そして独特の街の香り、いやぁ良いもんです(⌒▽⌒)

DSC_0439.JPG
ラーチャプラーロップ駅の周辺はインド人街になっており、インド料理店が多い印象です。

下へ降りると、「昭和の日本」を彷彿とさせる光景が目に飛び込んできました。
ホテルへ向けて歩くと、トゥクトゥクが走り、ピンク色の鮮やかなタクシーがすぐ側を走り抜ける。

バンコクの素晴らしき活気を早速味わいました(*´∀`*)
さて、今回は「バイヨークスカイホテル」に宿泊。こちらはバンコク最高層のホテルですが、比較的リーズナブルです。
ダブルベッドの客室は素晴らしいレベルに広く、寛げました。
DSC_0426.JPG
バイヨークスカイホテル(バイヨークタワーII)。
高さは304mでかつてはタイ国内でも最高層のビルでしたが、マハナコン(314m)に追い越され現在は2番目です。

DSC_0447.JPG
客室から見たバンコク市内。
右奥に見える変わった形のビルがマハナコンです。

夕食はバンコク一の繁華街・サイアムスクエアにあるサイアムパラゴンのフードコートで。
DSC_0449.JPG
ONE SIAMのペデストリアンデッキより。

DSC_0454.JPG
広告が綺羅びやかに夜の街を彩ります(*´∀`*)

DSC_0154.JPG
1日目の夕食はソムタム(タイ風のサラダ)とパッタイ(タイ風焼きそば)。
ソムタムは酸味と辛みがよく効き、パッタイは甘みと辛みがよく効いた味わいでした(^o^)

夕食後、ホテルに戻りバンコクの夜景をぼんやりと見つめていたのでした。
DSC_0156.JPG
客室からの夜景。

次回はチャオプラヤー川クルーズとアユタヤ観光です。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする