2019年08月21日

タイ・バンコク旅行記(その7:バンコク市内観光中編(ワット・ポーとワット・アルン))

こんばんは!(*´∀`*)
前回はワット・プラケオと王宮を観光しましたが、今回はワット・ポーとワット・アルンです。

ワット・ポーはワット・プラケオと王宮からほど近い場所にあります(にも関わらず迷子になった・・・・・)。
DSC_0447.JPG
入り口の看板。

DSC_0450.JPG
色鮮やかな陶器で彩られた仏塔が目立ちます。

入場料200バーツを支払い、境内へ・・・・・
DSC_0456.JPG
こちらも大小仏塔の色鮮やかな仏塔が多数(*´∀`*)

DSC_0464.JPG
小さなお堂。
タイ風の雰囲気ですね。

DSC_0476.JPG
仏塔が並びます。

このワット・ポーの別名は「涅槃寺」。
その名前の由来になったのが、涅槃仏です。
DSC_0558.JPG
涅槃仏の入る建物。

DSC_0571.JPG
これがかの有名な涅槃仏。
15mの黄金仏で釈迦が入滅する瞬間を表しています。

DSC_0590.JPG
人が多くてあんまりいい写真ではありませんが・・・・・(;-∀-)

またこのワット・ポーはタイ式マッサージの総本山でもあり、境内でマッサージのサービスが受けられる他、教育施設も設置されています。
(今回はパスしました)

続いてはワット・アルンへ向かいます。
と、その前に腹ごしらえ・・・・・
DSC_0232.JPG
タイ名物ガパオライスとコカ・コーラ(^o^)
やっぱり美味いですね。

ワット・ポーからター・ティアン船乗り場の道中はお土産屋と飲食店、そして屋台が並びます。
DSC_0657.JPG
この雰囲気がエキゾチックでたまりません。
トゥクトゥクが駆け抜けていきます。

DSC_0669.JPG
ター・ティアン船乗り場。
建物の中はちょっとした土産物街になっています。

ター・ティアンからワット・ポーまでは片道4バーツ、渡し船で移動します。
DSC_0675.JPG
渡し船から見たワット・アルン。
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする