2019年08月22日

タイ・バンコク旅行記(その8:バンコク市内観光後編)

こんばんは!(*´∀`*)
お盆ボケもようやく解消してきた頃合いでしょうか?

この旅行記はまだまだ続きます(あと多くても2編位でしょうか)。
今日はワット・アルンからの続きです。
DSC_0997.JPG
サナームチャイ駅へ向かう道中にあった技術学校。
シリキット王妃の肖像画とワチラーロンコーン国王の肖像画がそれぞれ掲げられていました。

バンコクメトロのサナームチャイ駅からシーロム駅まで乗車。
サナームチャイ駅の駅構内は王宮風の作りになっており、本来は撮影禁止ですが撮影している人も結構いました。
(実質は黙認状態なんでしょうね)
DSC_0013.JPG
シーロム駅周辺の風景。
左側のフェンスは・・・・・

DSC_0021.JPG
超高級ホテルのデュシタニ・バンコクの建て替え工事が進んでいました。
2022年の再開業を目指しています。

シーロム駅からサラリーマンや学生で賑わうシーロム通りを歩いていくと、新しいバンコクのシンボルタワーが見えてきます。
DSC_0046.JPG
キングパワー・マハナコーン。
タイ最高層の314m、形状がテトリスのようになっています。78階の展望フロアは観光スポットだとか。

DSC_0052.JPG
チョーンノンシー駅方面を望む。
超高層オフィスビルや超高層マンションが並びます。

DSC_0087.JPG
サトーン・スクエア・オフィスタワー
こういう所を見ると、バンコクが東南アジア有数の世界都市であることを感じます。

DSC_0100.JPG
タイ・スタンダードチャータード銀行の本店ビル。

ここからバンコクBRTに乗車します(*´∀`*)
DSC_0118.JPG
バンコクBRTのサトーン駅。
BTSとMRTと似たような雰囲気です。

DSC_0120.JPG
券売機で購入した一回用のICカード。
BTSと同じ形式です。

バンコクBRTは2010年にサトーン駅からラーチャプルック駅が開通、15kmの距離を30分で結びます。
(時間帯が夕方だったので1時間近くかかりましたが・・・)
サトーン駅から途中まではBRT専用レーンを走っていましたが、途中から一般車も交じるようになり、ラーチャプルック駅に近づくに連れて動かなくなっていきました・・・・・
DSC_0135.JPG
ラーチャプルック駅にて、BRT専用車両。
黄色ベースにグリーンのラインが巻かれています。

ラーチャプルック駅からタラートプルー駅まで歩き、BTSでサイアムへ移動。
DSC_0248.JPG
タラートプルー駅にて、BTSのEMU-A型。
シーメンスとポルシェデザインが共同開発した「モジュラー・メトロ」仕様を導入しています。

バンコクのショッピングセンターの老舗・MBKセンターで夕食。
DSC_0251.JPG
夕食はMBKセンターのフードコートにて、トムヤンクンラーメン(*´∀`*)

バンコク最後の夜はMBKセンターからタクシーでホテルに戻り、のんびりの3日間を思い返していたのでした。

このシリーズも残り2本。最後までお付き合いくださいm(_ _)m
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする