2019年08月26日

りんくうタウンのホテル計画(ホテルWBFグランデ関西エアポート Part13)

こんばんは!(*´∀`*)
今日はホテルWBFグランデ関西エアポートです。

『概要』
・名称 :ホテルWBF グランデ関西エアポート
・所在地 :大阪府泉佐野市りんくう往来北1番833
・土地面積:2,954平方メートル
・延床面積:29,021.97平方メートル
・構造:鉄骨造地上22階建
・部屋数:700室(15.0平方メートル〜40.8平方メートル)
・付帯施設:レストラン、ルーフトップバー、温浴施設、会議室、カフェ、コンビニエンスストア、レンタカー店など
・竣工:2020年7月(予定)
・施工者:日本国土開発・旭工建・宇佐美組特定建設工事共同企業体
・設計者:株式会社日企設計
・運営会社:株式会社ホワイト・ベアーファミリー

鉄骨建方が始まるとあっという間に上まで伸びていくので、なるべく取材頻度を高めていきたいところですm(_ _)m
DSC_0457.JPG
先月(7月)は6階部分まで鉄骨建方が進んでいましたが、目測で9階部分まで鉄骨建方が進んでいました。

DSC_0459.JPG
2本のタワークレーンで鉄骨を組み上げています。

DSC_0468.JPG
1ヶ月で3階分伸びていくということは、今年12月〜来年1月の間に上棟を迎える勢いです。

DSC_0464.JPG
隣の関西エアポートワシントンホテル。
客室数は504室と大規模なホテルです。

りんくうタウンエリアも関空の利用者増加で、ますます発展していますね。
関空アイスアリーナ、りんくうプレミアム・アウトレット第5期、SPセティアの泉佐野シティセンター計画が全て完成した暁には日本有数のエアサイドコンプレックス(造語)になることでしょう(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする