2019年12月02日

関空アイスアリーナ Part12(12月上旬現在)

こんばんは!(*´∀`*)
今日は今年12月25日(クリスマス)にオープン予定の関空アイスアリーナです。

12月25日のこけら落としとなるオープニングセレモニーに高橋大輔選手や紀平梨花選手、宮原知子選手といった有名フィギュアスケート選手が参加する事が決まっているようです!(^o^)
エキシビションの参加予定者が決まりました!」(関空アイスアリーナ・2019年11月27日)
【建築(開発)のお知らせ】
・敷地の地名、地番:泉佐野市りんくう往来北1-23他
・建築物の用途:スケート場
・高さ:11.53m
・構造:S造(鉄骨造)、地上2階建て
・敷地面積:14,974.06平方メートル
・建築面積:4302.88平方メートル
・棟数等:1棟
・建築主:MULプロパティ株式会社
・設計者:株式会社安井建築設計事務所
・工事施工者:浅沼・日本土木特定建設工事共同企業体

今月25日のオープンに向けて、工事は既にほぼ終わり、あとは準備が続いているものと思われます。
DSC_0971.JPG
外観。
白と青色のカラーリングが印象的です。

DSC_0978.JPG
玄関口。
ここから観客席へ入っていくようです。

関空アイスアリーナの客席数は固定席で500席、仮設で1000席以上。大型ビジョンも設けられています。
またリンク上に断熱シートを敷くことで3000平方メートルの大型ホールとしても活用することが出来ます。
DSC_0952.JPG
りんくうタウン駅からペデストリアンデッキを通り、階段を下ると「りんくうアイスパーク」へ。
りんくうアイスパークを通って、関空アイスアリーナへ向かうルートを想定しているようです。

DSC_0982.JPG
りんくうアイスパークから見た「SISりんくうタワー」(りんくうゲートタワービル)。
まさかこの場所を歩けるとは夢にも思ってませんでした(*´∀`*)

DSC_0899.JPG
りんくうタウン駅の案内図も更新され、図中番号の32番がりんくうアイスパーク、図中番号の27番が関空アイスアリーナとなっています。

りんくうアイスパークは緑地とトイレ、ドッグランで構成された公園です。
この広い緑地では各種イベントが行えそうな雰囲気です。

このアイスアリーナを皮切りに(一般利用は年明けの1月2日より)、来年のりんくうタウンはますます面白くなりそうですね!(≧∇≦)/
posted by 大阪のしろきち at 01:00| 大阪 ☀| Comment(3) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新港突堤西地区再開発(後編)

こんばんは!(*´∀`*)
昨日は前編として北側を取り上げましたが、今日は南側です。
(※写真は全て2019年11月末撮影)

こちらはフェリシモの本社ビルとAQUART 神戸(水族館)が建設される予定です。
DSC_0303.JPG
完成予想図(その1)。

DSC_0347.JPG
完成予想図(その2)。
赤枠で囲った部分の左側がAQUART 神戸(水族館)、右側がフェリシモ本社ビルです。

DSC_0270.JPG
配置図。

DSC_0338.JPG
フェリシモ本社ビルに当たる部分で杭打ち工事が始まっていました。

DSC_0349.JPG
労災保険関係成立票によると、工期は2019年(令和元年)9月1日から2020年(令和2年)12月7日になっています。

DSC_0354.JPG
施工は銭高組が担当します。
なんとも低姿勢な看板です(;-∀-)

建築計画のお知らせが見当たらなかったので、独自に概要をまとめてみました。
【建物概要】
・所在地:神戸市中央区新港町112
・階数:地上9階
・構造:鉄骨造
・敷地面積:2,230平方メートル
・延床面積:8,660平方メートル
・用途:オフィス(5,210平方メートル)、クリエイティブラボ等(3,450平方メートル)
(参照元:新本社ビルを計画、19年6月に着工/新港突堤西地区第1突堤基部の複合再開発エリアに/フェリシモ (建設ニュース・2017年10月26日))
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする