2019年12月17日

【オフィスビルのテナント】堂島プラザビル

こんばんは!ヽ(=´▽`=)ノ
今日のオフィスビルのテナントは大阪・堂島の「堂島プラザビル」です。
【建築概要】
・敷地面積:2031.20平方メートル
・延床面積:15619.60平方メートル
・階数:地上12階・地下2階
・建築主:東西土地建物
・設計者:竹中工務店
・施工者:竹中工務店
・竣工年:2010年

DSC_0806.JPG
外観。
東へ行くと西日本最大の歓楽街・北新地です(^o^) 西へ行くとホテルエルセラーン大阪が。
DSC_0803.JPG
玄関部。
1階に酒小売チェーンの「やまや」が入居しています。

早速、堂島プラザビルのオフィスビルのテナントをご覧ください!(^o^)
【オフィステナント】(2019年12月中旬現在)
・12階:EMCジャパン株式会社 西日本支社 受付、デル株式会社 西日本支社 受付
・11階:デル株式会社 西日本支社、EMCジャパン株式会社 西日本支社
・10階:メディアハウスホールディングス 大阪オフィス、ディーエムソリューションズ株式会社
・9階:株式会社タスク・フォース、ベビーシッターサービスのラビットクラブ/都市型保育園ポポラー/事業所内保育園プロペラ
・8階:レバレジーズ株式会社/レバテック株式会社、アスクル(株)ライブマーケット大阪、株式会社アイソルート、株式会社インターワールド/株式会社オークローンマーケティング
・7階:三井住友トラスト・カード株式会社、レバレジーズ株式会社/レバレジーズメディカルケア株式会社
・6階:株式会社日本信用情報機構、株式会社フジタ西日本支社
・5階:株式会社フジタ西日本支社、三井住友トラスト・ウェルスパートナーズ、税理士法人日本税務総研、リケンテクノス株式会社、リケンファブロ株式会社、リケンテクノスインターナショナル株式会社
・4階:(株)インディゴゲームスタジオ/(株)コロプラ
・3階:フジ住宅株式会社 フジホームバンク大阪店
・2階:株式会社ヤシマナダ、三共精粉株式会社 大阪営業所、株式会社エージェント、エース株式会社、コダマ樹脂工業株式会社 大阪支店
・1階:ナッツデイ堂島本店、やまや堂島プラザ店
・地下1階:銀平はなれ、さぬきうどん四國屋、BALI NATURS、Lolonois
・地下2階:駐車場

11階・12階にデルの西日本支社が、同じく11階・12階にEMCジャパンの西日本支社が入居しています。ちなみにEMCジャパンはデルの子会社ですから実質的にはデルグループが2フロアに渡って入居している形です。

他には4階にインディゴゲームスタジオの本社が、同じく4階に親会社のコロプラ(白猫プロジェクトでお馴染みのゲーム運営会社)が入居しています。

それ以外には5階・6階に大和ハウスグループの建設会社であるフジタが、5階に三井住友トラスト・ウェルスパートナーズ、7階に三井住友トラスト・カードががそれぞれ入居しています。
(こぼれ話:今まで100棟以上のオフィスビルを取材してきて、一番書いてて面白いのが大阪のオフィスビルだったりします。やっはり・・・・・^^;)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オフィスビルのテナント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再開発構想のある「千里セルシー&千里阪急」

こんばんは!(*´∀`*)
今日は一体再開発に向けて閉鎖された千里セルシーと、同じく一体再開発が構想されている千里阪急です。
(写真はすべて2019年11月撮影)
DSC_0458.JPG
千里セルシー(外観の一部)。
1972年(昭和47年)11月15日にオープンし、延床面積は6万5238平方メートル、店舗数は120店舗、メインテナントはダイエー千里中央店でした。

『千里セルシー・施設概要』
・所在地:大阪府豊中市新千里東町1丁目5-2
・敷地面積:1万4028平方メートル
・延床面積:6万5238平方メートル
・商業施設面積:2万0596平方メートル
・階層:地上6階・地下1階
・設計者:株式会社フジタ
・施工者:株式会社フジタ
・開業日:1972年11月15日
・閉店日:2019年5月31日

DSC_0471.JPG
すっかり封鎖されています。
少し前に来た時は賑わっていたんですけどね(;´∀`)

DSC_0480.JPG
ヨーロピアンな雰囲気が素晴らしい商業施設でした。

DSC_0491.JPG
セルシー広場のステージ。
ここが「アイドルの登竜門」として輝いていた時期もありました・・・

DSC_0510.JPG
約46年半、千里中央の象徴的存在として君臨してきました。
再開発構想の具体化に期待です!

DSC_0479.JPG
こちらが千里阪急(阪急百貨店)の外観。
大阪万博が開催された1970年(昭和45年)3月11日に開業し、現在も盛業中です。

『千里阪急・施設概要』
・所在地:大阪府豊中市新千里東町1丁目5-1
・敷地面積:4299平方メートル
・延床面積:2万1894平方メートル
・商業施設面積:1万3803平方メートル
・階層:地上7階・地下1階・塔屋2階
・設計者:不詳
・施工者:不詳
・開業日:1970年3月11日

なお、2008年(平成20年)に一度耐震補強工事が行われているため(竹中工務店が設計・施工)、当面建て替えはないと考えていましたが、千里セルシーとの一体再開発を構想しているようです。

現時点で判明している千里セルシー・千里阪急の一体再開発構想の概要をまとめてみました。
『千里セルシー・千里阪急一体再開発構想の概要』
・延床面積:約10万平方メートル(現状の8万7132平方メートルより約1万3000平方メートル拡大)
・施設内容:セルシー広場に該当する広場、バスターミナル(可能性段階)、商業施設等
・開業時期:未定(段階的開業を予定)
(引用元:千里中央の再開発はどうなるの?説明会に行ってきました〈前編〉〈後編〉より)

やはり、まだセルシーが閉鎖されて半年も経っていない状況で、あまり情報が出てこないのも仕方がない気がします。
ただ、来年頃には一定の概要が出てくるのではないかと期待したいところですね(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(0) | 都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする