2020年01月02日

年末はふらり西へ、福岡・大分旅行記(その7)

こんばんは!(*^▽^*)
今日はいよいよ「年末はふらり西へ、福岡・大分旅行記」の最終回となりました。

今回は博多から大分へ向かいます。
DSC_0118.JPG
大分駅前(要町)にて、大分交通の三菱ふそう・エアロエース(大分200か666)。

博多バスターミナルから西鉄天神高速バスターミナルを経由し、高速基山・高速日田を通り、途中濃い霧が現れるもバスは快走。
結局、定刻よりも少し早い10時15分頃に大分駅前(要町)に到着しました。

大分といえば「あたしンち」のお母さんとお父さんの故郷ですが、恐らく今の大分駅前を見れば「あらま!」と感嘆するに違いありません(^o^;)
それは後に回して、まずは大分が世界に誇る温泉地・別府温泉です。
DSC_0136.JPG
大分駅にて815系(ワンマン仕様)。
大分から別府までは約12分の短い旅です。

DSC_0151.JPG
国道10号線から望む別府のシンボルタワー「別府タワー」。
1957年(昭和32年)に完成、設計は東京タワーや通天閣を手掛けた内藤多仲博士。
当初は電波塔として建設されていましたが、結局電波塔として使われず、観光タワーとして今に至ります。

別府駅からひたすら歩いて、十数分。
今回は「北浜温泉テルマス」で名湯を楽しむことにしました(^o^)
DSC_0172.JPG
1998年(平成10年)に開業、テルマスはラテン語で「浴場」。
ちょっとオシャレな雰囲気の公衆浴場といった雰囲気です。

浴室内はあつ湯とぬる湯、そして蒸し風呂に露天風呂と充実したラインナップ。
中でも管理人が気に入ったのは蒸し風呂、高温のお湯から出る蒸気で体が芯から温まりました(^o^)

あつ湯は名前の通り熱すぎて、体力が逆に削られる結果に・・・・・(´;ω;`)
湯上がりはフルーツ牛乳で一杯。料金は2019年12月現在で入浴が大人520円バスタオル貸し出しが100円でした。
DSC_0192.JPG
トキハ別府店。
1988年(昭和63年)10月に開業、地下1階にフードホールを作ったり、積極的なテナント導入で2010年から黒字経営が続いている優良店です。

因みに昼食はトキハの地下1階のフードホールで鶏天を頂きましたm(_ _)m
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする