2020年01月29日

【オフィスビルのテナント】紙与渡辺ビル

こんばんは!(*´∀`)
今日のオフィスビルのテナントは福岡・天神の「紙与渡辺ビル」です。
【建築概要】
・延床面積:8644平方メートル
・階数:地上10階・地下1階
・建築主:紙与産業
・設計者:日建設計
・施工主:清水建設・鹿島建設
・竣工年:2000年

このビルの建築主である紙与産業は1825年に初代・渡邉與助によって創業、ここの三代目である渡邉與八郎が私財を投じて博多電気軌道(現在の西日本鉄道)を設立し路面電車を走らせたことが、現在の天神の発展に繋がりました(^o^)
DSC_0505.JPG
外観。
昭和初期のオフィスビルを思わせるようなデザインですね(^o^)

DSC_0507.JPG
玄関部。

DSC_0519.JPG
テナント案内板。

そんな紙与渡辺ビルのオフィスビルのテナントは下記に(^^)
【オフィステナント】(2020年1月中旬現在)
・10階:紙与産業株式会社、紙与不動産株式会社、渡辺事務所、渡辺地所株式会社
・9階:CSPセントラル警備保障株式会社 福岡支社、WDB株式会社 福岡支店
・8階:三菱電機株式会社 九州支社 分室、中村国際法律事務所、株式会社三菱UFJ銀行 福岡ローン推進室 九州地域開発営業部
・7階:株式会社インフィニティ トラベル インフォメーション
・6階:ANA九州支社、ANAセールス九州支社、株式会社ANA Cargo 九州販売支店
・5階:オリックス生命保険株式会社 福岡コンサルティング支社
・4階:株式会社KPMG FAS、KPMG税理士法人、住友化学(株)、住化プラステック(株)、(株)住化分析センター、三菱電機エンジニアリング株式会社
・3階:有限責任あずさ監査法人
・2階:株式会社日建設計
・1階:株式会社ライトアップショッピングクラブ

10階に紙与産業はじめ系列会社の本社が入居しています。
8階には三菱電機と三菱UFJ銀行、7階・6階にはANAグループ各社、4階に住化グループ、2階に日建設計が入居しています。

最近では福岡地所の方が不動産の積極的なイメージがありますが、紙与産業もそれに負けず2018年に紙与博多中央ビル、系列会社の渡辺地所も2018年にJS博多渡辺ビルを建設するなど、新規投資を行っています(^^)
天神ビッグバンの波に乗れるかが焦点かもしれませんね(*´∀`)
ラベル:紙与渡辺ビル
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オフィスビルのテナント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする