2020年01月31日

THE BASICS FUKUOKA(2020年1月)

こんばんは!(*´∀`)
今日はTHE BASICS FUKUOKA (ザ・ベーシックス福岡)、こちらはハイアット・リージェンシー福岡をリニューアルする形で2020年(令和2年)の3月に開業予定です。

1993年7月にハイアット・リージェンシー福岡として開業、以来福岡地所の子会社であるエフ・ジェイホテルズが運営してきましたが、今度は同社独自ブランドの「THE BASICS FUKUOKA」として生まれ変わります!
【建物概要】
・所在地:福岡市博多区博多駅前4丁目8
・敷地面積:6,742.11平方メートル
・建築面積:4,503.83平方メートル
・延床面積:34,053.86平方メートル
・用途:オフィス・店舗(飲食/物販)・駐車場
・構造:鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造
・階数:地上13階・地下1階・塔屋1階
・建築主:福岡地所株式会社
・設計者:前田建設工業株式会社
・施工者:前田建設工業株式会社
・リニューアル工期:2019年4月15日〜2021年1月末日
・リニューアル施工:株式会社エフビーエス・ミヤマ

DSC_0785.JPG
色とりどりの鮮やかな外観。
アメリカの建築家、マイケル・グレイヴスがデザインを手掛け、非常にカラフルでポップな印象です。

DSC_0799.JPG
左右は落ち着いた色調で統一されています。
ニューヨーク、それこそマンハッタンの雰囲気のある外観パネルがいいですね。

DSC_0807.JPG
先程は左だったので、今度は右側。
窓の形が洒落ています。

DSC_0795.JPG
グリーンとブラウンのカラーが特徴的な円筒形の部分。
内部はロビーで、天井は約42メートルの吹き抜けになっています。

DSC_0808.JPG
既に内装工事に入っています。
労災保険関係成立票によると2019年(令和元年)6月10日から2020年3月31日までがリニューアルの工期のようです。

1993年7月に開業し、以来2019年5月31日まで「ハイアット・リージェンシー福岡」として営業してきましたが、ハイアットホテルズアンドリゾーツとの契約満了、そして契約を更新せずに敢えて独自ブランドで勝負に望む道を選びました。

改装後は高価格帯の宿泊主体型のホテルになり、客室数は改装前の244室から238室とほぼ同等、ロビーには書籍が数多く置かれ、実際に手にとって客室で読めるようにする仕掛けが施される予定です。
『THE BASICS FUKUOKA ザ・ベーシックス福岡』2020年3月開業  福岡の旅をより楽しくするホテルとして新たな価値、 新しいホテルの過ごし方を提供」(エフ・ジェイホテルズ、2020年7月1日)
DSC_0823.JPG
オフィス部分(スフィンクスセンタービル)。
こちらのオフィスについては明日の「オフィスビルのテナント」で詳しくお伝えします。

posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(福岡・九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする