2020年02月09日

宇佐&豊後高田へ小旅行(前編)「八幡宮総本社・宇佐神宮(前編)」

こんばんは!(*´∀`)
昨日は宇佐神宮と豊後高田へ小旅行に行ってきました。
(この後北九州へも立ち寄っていますが、こちらは別の企画の取材メインということで)

宇佐神宮は全国3万社にも及ぶ八幡宮・八幡神社の総本社で、創建は725年(神亀2年)で1300年以上に歴史を誇ります(^o^)
まずは宇佐神宮の前に・・・・・

「USA!USA!」という歌が一時期流行ったかと思いますが、まさしくここはUSA(宇佐)です。
DSC_0262.JPG
特急ソニック号でUSAに到着!
博多から2時間足らずで行けるUSA、実に近いですね。

DSC_0281.JPG
USA駅こと宇佐駅舎。
宇佐神宮の玄関口だけあって、朱色がアクセントになっています。

DSC_0290.JPG
灯籠の間を通れば宇佐神宮の仲見世通り。
昼食は参拝後に「文福」さんでからてん定食(唐揚げ・鶏天・だご汁が付いて1100円!)を頂きました(*´∀`)

DSC_0297.JPG
仲見世通りのグルメの誘惑をひとまずは耐え抜きつつ(苦笑)歩いていくと赤鳥居が見えてきます。

DSC_0315.JPG
赤鳥居と「宇佐神宮」の石碑。
ここを通り抜けると神域に入るような気持ちです。

DSC_0329.JPG
赤鳥居を通り抜けたところにある旧大分交通宇佐参宮線の26号蒸気機関車。
元は九州鉄道で運用され、後に国鉄、そして最後は大分交通に移り、1965年(昭和40年)宇佐参宮線廃止まで活躍しました。

DSC_0341.JPG
神橋。
ここで鯉に餌やり(エサ代は100円)を楽しめますが、大体は鳥に食われてしまいました(´;ω;`)

DSC_0351.JPG
神橋を渡り切ると大鳥居が見えてきます。
ここまで結構歩いた気がしますが、それだけ宇佐神宮の境内は広いという事なんでしょうね(^o^)
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 01:25| 大阪 ☀| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクロス福岡(2020年2月)

こんばんは!(^o^)
今日は天神の複合ビル・アクロス福岡です。

旧福岡県庁跡地に1995年(平成7年)4月に開業し、現在でも天神のシンボルとして印象深く佇んでいます。
DSC_0981.JPG
側面を見るとピラミッドのように斜面を持っています。
植栽が施され、まるで山林のようです(*^▽^*)

DSC_0986.JPG
天神中央公園側から。
天神中央公園にまるで「山」が現れたかのようなデザインです。

【建物概要】
・所在地:福岡県福岡市中央区天神一丁目1番1号
・建物用途:ホール・国際会議場・文化施設・事務所・店舗
・敷地面積:13,647.54平方メートル
・建築面積:10,622平方メートル
・延床面積:97,493平方メートル
・高さ:60m
・構造:鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造
・階数:地上14階・地下4階・塔屋1階
・建築主:第一生命保険、三井不動産、福岡県
・設計者:日本設計、竹中工務店、エミリオ・アンバーツ
・施工者:竹中工務店、鹿島、清水建設、九州建設、松建設、戸田建設
・竣工年月:1995年3月

DSC_0991.JPG
天神中央公園側から更に南側へ。
見事な植栽が溶け込んでいます。この斜面の部分を「ステップガーデン」といい、名前の通り段々畑のようになっています。

建設当初は76種類・3万7000本の植物が植えられましたが、後に野鳥が運んできた種が発芽したり、更に植えていった結果、現在は少なくとも120種類・5万本以上の植物で彩られています。

本当はこのステップガーデン、登って眺めることも出来ますが、夕方だったため次の機会に回すことにします(´;ω;`)
DSC_0997.JPG
有機物(植物)と無機物(ガラスと鉄骨)の組み合わせが絶妙ですね(*´∀`)

DSC_0962.JPG
北側はガラスカーテンウォール張り。
側面の段々畑状に広がる緑が都心に潤いを感じさせる要素になっています(^^)

DSC_0005.JPG
建物と緑の共存(大規模な屋上緑化)といえば、大阪・難波のなんばパークスを思い浮かべますが、こちらがその先駆けといえる存在でしょう(^o^)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする