2020年02月17日

(仮称)博多駅東一丁目開発計画(2020年2月)

こんばんは!(^o^)
今日はアパホテル〈博多駅筑紫口〉の横で計画中の「(仮称)博多駅東一丁目開発計画」です。

ボウリング場の博多スターレーン跡地にオフィス主体のビルとして建設すべく、現在は解体工事が進んでいます。
【建設概要】
・所在地:福岡市博多区博多駅東1丁目195番地外10筆
・敷地面積:約5000平方メートル
・建築面積:不明
・延床面積:不明
・用途:事務所・店舗
・構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・階数:地上11階・地下1階
・工期:2020年7月頃着工予定
・建築主:エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社、大成建設株式会社
・設計者:大成建設株式会社
・施工者:未定

DSC_0167.JPG
予定建築物についてのお知らせ。

DSC_0170.JPG
解体工事の工期は労災保険関係成立票によると2019年(令和元年)6月1日から2020年(令和2年)6月30日までとなっています。

DSC_0177.JPG
2019年3月31日をもって閉鎖された博多スターレーン。
ボウリング場の他イベントスペースもあり、そこがプロレスファンにとっても「聖地」でした。
そのため多くのプロレスファンがその閉鎖を惜しんだそうです。。。
DSC_0207.JPG
建機がバリバリと建物を壊しています。

DSC_0165.JPG
角度を変えて。
今年の夏前には完全に更地になり、そこから新しい建物の工事が始まります。

福岡市が天神ビッグバンに次いで打ち出した再開発促進策の「博多コネクティッド」。
『博多コネクティッド』本格始動!!」(福岡市・2019年8月1日更新)
この計画もそれに呼応して行われるとの事で、詳細計画の発表が待ち遠しいですね(^o^)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(福岡・九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする