2020年04月23日

【仮想旅行記】西アフリカのラゴスを歩く!(前編)

こんばんは!(*´ω`*)
仮想旅行記、第二弾は西アフリカのニューヨークかつナイジェリアの大都市・ラゴスを旅します。
(もっとも設定はナイジェリア出張のついでに観光に行ったようなものですが・・・)

何故か仕事でナイジェリアまで来てしまった・・・・・(白目)
あの会社は一体何を考えてるんだとモヤモヤしつつ、飛行機の窓に張り付いてアフリカの大地を眺めていた。
そしてドバイからの飛行機は15時頃、ラゴスのムルタラ・モハンマド国際空港に着陸した。

ラゴスと言えば「治安が悪い」というイメージが強いが、一方で最近は治安が良くなっているとも聞く。
とはいえ流石に一人で歩くのは怖い。会社も乙な所があり、日本語が流暢な運転手兼ドライバーと一緒に2泊3日のラゴス観光へ!という事らしい。
lagos_1.PNG
着陸中の景色。

無事、飛行機はE62番ゲートに到着。そこから入国審査を済ませ、手荷物受取所でスーツケースを受取、税関をくぐり抜けると、そこで運転手兼ドライバーが出迎えてくれた。
「ハロー!ミスターシロキチ!長旅お疲れ様でした!」
やたらと元気のいい運転手である・・・・・^^;

さて、車はムルタラ・モハンマド国際空港の国際線ターミナルを出発し、ひとまずは宿泊するホテルへ。
lagos_2.PNG
ムルタラ・モハンマド国際空港の国際線ターミナル。
なかなかの規模。

lagos3.PNG
ラゴス市内へ向かう高速道路より。

lagos_4.PNG
水上住宅が見えます。
ラゴスは「水の都」だそうで、中心部はラゴス島とヴィクトリア島にあります。

lagos_5.PNG
サードメインランド橋を走っている時、もはやここがアフリカであることを忘れます。

サードメインランド橋を爆走し、いよいよラゴス島へ!
lagos_6.PNG
ラゴス島へ入ると一気に都会的な雰囲気になります!ヽ(=´▽`=)ノ
さすがは西アフリカのニューヨークです。

lagos_7.PNG
高速道路から下道へ下りると、エネルギッシュな雰囲気が漂います。

lagos_8.PNG
ラゴス島とヴィクトリア島をつなぐアキン・エイゾラ・ストリートの橋。
どことなく大阪を思い出してきました。

今晩のお宿はヴィクトリア島のフォー・ポインツ・バイ・シェラトン・ラゴス。
lagos_9.PNG
なかなか良さそうなお宿です。

運転手が「1時間後にロビーで!うまいものをご馳走しますよ!」と言ったため、部屋に荷物を置き、しばらく休憩することに。
そして1時間後、運転手とロビーで再開し、また車に乗ることに。
連れられたのはナイジェリア料理レストラン、しかも超高層ビルの最上階と言うだけあり、景色も料理の味も格別なもの(*´ω`*)
辛いソースの掛かった魚の焼き物にキャッサバイモの餅、オクラのスープ、牛肉の串焼きとバラエティが豊か。

それらをスタービールで流し込むと実に格別!ヽ(=´▽`=)ノ
名運転手のおかげで素晴らしい夜を過ごしたのでした。
(中編に続く)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(0) | 空想&仮想旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする