2020年04月27日

【空想都市開発】和歌山ミッドシティ

こんばんは!(*´ω`*)
今日の「空想都市開発」は紀州徳川家のお膝元・和歌山市を「開発」しちゃいます!

今回開発するのはJR和歌山駅前。
かつてはこの駅は東和歌山駅と呼ばれてきましたが、街の発展と同時に名前を現在の紀和駅と交換する形で1968年に改称されました。
wakayama_01.jpg
Before。
商店や駐車場のあった場所を・・・・・

wakayama_02.jpg
After。
大胆にも(勝手に)再開発!

【計画概要】
・敷地面積:1万2252平方メートル
・建築面積:4204平方メートル
・延床面積:5万4140平方メートル(容積率対象面積)
・建築主:和歌山駅西口地区市街地再開発組合(想定)
・施設内容:商業施設、マンション、事務所、ホテル
・建蔽率:80%
・容積率:1300%(高度利用地区指定を想定)
・地区計画:商業地区に変更(想定)

wakayama_05.JPG
ホテル棟。
高さは約57m、客室数は約280室を想定(客室部を延床面積の70%で計算、かつ1室あたり20平方メートルで計算)。

wakayama_04.JPG
オフィス棟。
高さは約37m、賃貸面積は延床面積の0.7倍を想定し約7969.5平方メートル。

wakayama_06.JPG
マンション棟。
高さは約112m、5階〜29階をマンションとして使用し戸数は約250戸(1戸あたり100平方メートルで計算)。

wakayama_03.JPG
商業施設棟。
高さは約13m、1階・2階は飲食店や物販店が入居、3階にクリニックが入居を想定。

【建物概要】
オフィス棟
・階数:地上9階・地下1階建て
・建築面積:1265平方メートル
・延床面積:1万1385平方メートル
ホテル棟
・階数:地上14階・地下1階建て
・建築面積:616平方メートル
・延床面積:8624平方メートル
マンション棟
・階数:地上30階・地下1階建て
・建築面積:1006平方メートル
・延床面積:3万0180平方メートル
商業施設棟
・階数:地上6階・地下1階建て
・建築面積:1317平方メートル
・延床面積:3951平方メートル

wakayama_07.JPG
けやき大通り方面からの外観。

wakayama_08.JPG
和歌山駅方面からの外観。

存在感抜群の和歌山ミッドシティ、名前の由来は山の手と下町の中間地域、つまりは和歌山城と和歌山駅を「つなぐ」」街という意味合いを持たせました。

近年では和歌山市内中心部、再開発が進みつつあり、大学誘致も成果を上げていますが、ここは一つ大きな開発を「ドカン!と一発」行う事こそが、和歌山の経済復権に繋がると確信したい所です(*´ω`*)
(書いてたら和歌山ラーメン食べたくなってきた・・・・・)
ラベル:和歌山 和歌山市
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 空想都市開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする