2020年05月02日

【空想旅行記】マンチェスターと海商都市リバプールを旅する(1日目)

こんばんは!(^o^)
今回の空想旅行記・第三弾は、イギリス第二の都市マンチェスターと世界文化遺産にも登録された海商都市リヴァプールを巡ります。

はるばるとドバイを経由し、昼過ぎにマンチェスター空港に到着。
Manchester_1.JPG
マンチェスター空港ターミナル1。
イギリスで3番目に利用者の多い空港だけあって、かなり広いです。

Manchester_2.JPG
マンチェスター空港駅から中心部のピカデリーへ向かいます(^o^)

20分、田園地帯を電車で通り抜けて、いよいよ産業革命の中心地・マンチェスターに到着です!
Manchester_3.JPG
ステイシティ アパートホテルズ マンチェスター ピカデリー。
ピカデリー駅とはペデストリアンデッキで繋がれており、なかなか便利そうです。

Manchester_4.JPG
マンチェスター・ピカデリー駅。
マンチェスターの代表駅で、各地からの列車が発着しています。その高架下から出てくる黄色いトラムが「マンチェスター・メトロリンク」。
どことなく富山地鉄の富山駅前電停を思い出させます。

時計を見ると、針は15時半を指し、ホテルのチェックインが既に始まっているようです。
荷物を持ったまま移動するのも辛いので、ひとまずホテルへと足を急ぎます。
Manchester_5.JPG
ポートランド・ストリートに出てきました。
産業革命時代に建てられたであろう、何とも重厚な建物が興味を惹きます。どうやらこの建物はイビススタイルズというホテルのようです。

Manchester_7.JPG
今回のお宿はこれまた重厚な建物の「ザ・タウンハウス・マンチェスター」。
朝食は本格的なブリティッシュブレックファーストで大満足でした!

ホテルにチェックインし、荷物を部屋に置いたら、さあ街を歩きましょう!(*´ω`*)
Manchester_8.JPG
フォルカー通りのチャイナタウンの門が見えます。
マンチェスターには現在も1万人の中国人が居住しているそうです。イギリスで美味しいものを食べたければ中華料理かインド料理を食べろともよく言われていますが、ひょっとするとその通りかも・・・・・^^;

Manchester_9.JPG
マンチェスター・シティセンターの北西側、ニューヨークストリートより。
やっぱり風格のある建物が多くて、ついつい目移りしてしまいます(^o^)

Manchester_10.JPG
ピカデリーガーデン。
マンチェスター市民の憩いの場で広大な芝生広場に噴水が揃い、休日にはマーケットも開かれ賑わいます。
大阪で言えば天王寺公園(てんしば)か大阪城公園みたいな存在でしょう。

では、せっかくなのでマンチェスター・メトロリンクに乗って、ピカデリー・ガーデンズ駅からエティハド・キャンパス駅へ向かいます!
Manchester_11.JPG
黄色くて可愛らしい連接型の路面電車です。

Manchester_12.JPG
エティハド・キャンパスにあるマンチェスター・シティFCの本拠地「エティハド・スタジアム」
マンチェスターといえばサッカーで非常に有名な街。マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドで人気を二分しています!

実は3日目にマンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッドの試合のチケットを申し込んでいますが、その試合はエティハド・スタジアムではなくマンチェスター・ユナイテッドの本拠地「オールド・トラッフォード」。

ただ、一回はマンチェスター・シティの本拠地を見ておきたいのと、そして親からサッカーグッズの土産を頼まれていたので、それを買い求めに・・・・・
(結局、ユニフォームと小物を買いました)
日も暮れてきたので、そろそろ夕食のために都心部のピカデリーへ戻ります。

夕食はマンチェスター・ピカデリー駅前のインド料理店でナンとチキンカレーを頂きます(*´ω`*)
やはりイギリスはインド人が多いだけあり、インド料理のクオリティーは抜群でした!

ホテルに戻った後、予め買っておいたギネスビールを開けて、無事に一日目が終わったことを祝福したのでした。
(2日目へ続く)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(0) | 空想&仮想旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする