2020年05月21日

【隔日刊】Every Second Day ワールドニュース「第1号:空の旅も完全防備、おもてなしは防護服越しで・・・」

こんばんは!(^o^)
今日から隔日刊の予定で「Every Second Day ワールドニュース(略してESDワールドニュース)」をお送りします。

主にAFPBBやCNN、BBC、日本経済新聞等から、管理人が独断と偏見で選んだニュースを読み解いていきます。
記念すべき第1号は・・・・・

カタール航空、客室乗務員が防護服着用」(CNN.co.jp)です。
カタール航空、客室乗務員が防護服着用(CNN.co.jp 2020.05.20 Wed posted at 10:08 JST)

(CNN) カタール航空など複数の航空会社が、客室乗務員のために新型コロナウイルス対策用の個人用防護具(PPE)を導入している。カタール航空は、客室乗務員全員が制服の上に防護服を着用すると発表した。

カタール航空の発表によると、客室乗務員は既にマスクや手袋などを着けているが、慎重を期すための「一時的」な措置として防護服を導入。飛行中は全員が、防護服と安全ゴーグル、手袋、マスクを着用する。

加えて今月25日からは、乗客に対しても全員にマスクの着用を義務付ける。
(以下省略)

世界有数の航空会社として知られるカタール航空。就航都市数は世界150都市、機材数は250機を誇ります。
新型コロナウイルス拡大の影響で運航規模を削減していましたが、6月より運航規模を再び拡大し、世界80都市に広げる予定です。
カタール航空、6月までに80都市への運航再開へ 日本は成田線のみ(Traicy・5月7日)

既に客室乗務員はマスクと手袋を付けて乗務に当たっていましたが、より確実な安全対策として制服の上に防護服を着用、更に安全ゴーグルを身に付けて乗務に当たることになりました。

同様のケースとしてフィリピン航空やエアアジアも防護服を着用して乗務に当たることが決まっています。

これがいつまで続くかは分かりませんが、飛行機に乗ること自体が「命がけ」になるとは夢にも思っていませんでした・・・・・
年内はフラっとバンコクなりシンガポールなり飛ぶのは難しいかもしれませんが、早いこと収束して、再び空の旅を楽しみたいものです。
そしてその時は防護服姿で無いことを願います。

DSC_0002.JPG
関空の第1ターミナル(関空展望ホールより、2019年11月撮影)。
一日も早く空を飛びたいものです・・・・・
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする