2020年06月02日

【隔日刊】Every Second Day ワールドニュース「第7号:アストロノーツとコスモノーツ」

こんばんは!
今日は2ヶ月ぶりに県境を越えて、京都まで取材に出ていました。

そのネタについては後々お送りするとして、今日の「Every Second Day ワールドニュース」はロシアビヨンド(ロシア)より。
宇宙飛行士の呼び方として「アストロノーツ」と「コスモノーツ」の2つがありますが、その違いについての記事です。
ロシアではなぜ宇宙飛行士を「コスモナフト」と呼ぶのか?(2020年6月02日 ニコライ・シェフチェンコ)
 アメリカの「astronauts」とソ連・ロシアの「cosmonauts(космонавты)」。いずれも宇宙飛行士だが、実は発音だけでなく意味も違う。

 ロシアと米国ではそれぞれ、宇宙飛行を行う者に、別の呼び名がある。宇宙船の乗組員の仕事には、米国でもロシアと同様のリスク、責任があり、然るべき報酬が与えられるが、名称は厳密に異なる。

 米国の英雄、ニール・アームストロングは「astronaut」と呼ばれ、ロシアの宇宙飛行のパイオニア、ユーリー・ガガーリンは「cosmonaut」と呼ばれる。なぜだろうか?
(以下省略)

厳密に言えば「コスモノーツ」は「コスモナフト」とロシア語で呼ぶようです。
アストロノーツ、コスモノーツ、後半部分の「ノーツ」はギリシャ語で「船乗り」。アストロはギリシャ語で「星」ですから、アストロノーツは「星の船乗り」という意味になります。
一方でコスモはギリシャ語で「宇宙」、つまりコスモノーツは「宇宙の船乗り」という意味です。

コスモノーツは、1905年に当時のロシア帝国で生まれたエンジニアであるアリー・シュテルンフェルドが作り出した言葉という説と、別のエンジニア(ミハイル・チホンラボフ)が作り出した言葉という説、2つあります。

旧ソ連の国民にとって「アストロ」は遠い遠い宇宙への旅、つまりはSF的な要素があると考えていて、「空想の世界」という風に考えていたようです。
一方で「コスモ」は比較的近い宇宙空間への旅、現実的な要素があると考えており、そこから広まったそうです。

結局の所、「国民性」の違いによってアストロなのか、コスモなのかを呼び分けているという解釈で良いのかもしれませんね。
ところでカザフスタンのバイコヌール宇宙基地にある宇宙飛行士が宿泊するホテルも「コスモノートホテル」と言いましたね。
cosmonaut_hotel.jpg
ブラジルの宇宙飛行士であるマルコス・ポンテスがコスモノートホテルの客室のドアにサインを書いています。
打ち上げ前の「儀式」のようなものですね(*´∀`)
(写真はhttps://archive.org/details/200603300005HQより、撮影者はNASA/Bill Ingalls)

「宇宙」、いつかは飛んでみたいものです・・・・・
posted by 大阪のしろきち at 22:32| 大阪 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りんくうプレミアム・アウトレット第5期計画(Part 9)

こんばんは!(*´ω`*)
今日はりんくうプレミアム・アウトレット第5期計画の進捗です。
りんくうプレミアム・アウトレット、5月21日(木曜日)より4月上旬以来一ヶ月半ぶりに営業を再開。取材当日は土曜日でしたが、多くの人で賑わっていて一安心しました。

その中でも殆どの人がマスクを付けて、ソーシャルディスタンスに気を使っているのが印象的でした。
【建築のお知らせ】
・敷地の地名・地番:泉佐野市りんくう往来南3-15、3-42、3-43、3-60、3-61、4-1の一部、4-17、7-6の一部、14-1の一部
・建築物の用途:店舗、バス停屋根
・高さ:最高高さ17.7m
・構造:店舗 鉄骨造3階、バス停屋根 アルミニウム合金造
・敷地面積:55,657.69平方メートル
・建築面積:15,021.73平方メートル
・建築主:三菱地所・サイモン株式会社
・設計者:株式会社三菱地所設計
・施行:鹿島建設株式会社

本来、2020年(令和元年)6月末に完成する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響からか7月末に延長されていました。
恐らく8月〜9月オープンが有力だと考えています(公式の情報が上がったらまた記事にします!)
DSC_0839.JPG
シーサイドウォークは舗装が終わり、明日にでも使えそうな雰囲気です。

DSC_0855.JPG
りんくう公園内から直接遊歩道で接続されます。

DSC_0873.JPG
今回初公開!マーブルビーチからの様子。
建物は完成しており、3階建て構造です。

DSC_0883.JPG
大きな窓が取り付けられ、ここがフードホールになるようです。
景色抜群ですね(*´∀`)

DSC_0897.JPG
外観工事はほぼ終わり、歩道橋も出来上がっていました。

DSC_0907.JPG
正式な開業日の発表が待ち遠しく感じる仕上がりです。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする