2020年06月04日

【隔日刊】Every Second Day ワールドニュース「第8号:いよいよ『コロナ鎖国』からの脱却へ!」

こんばんは!(*^^*)
今日も「Every Second Day ワールドニュース」のお時間となりました。

今回はブルームバーグより「日本で暮らす外国人、人道上配慮すべき事情あれば再入国許可も」です。
「日本で暮らす外国人、人道上配慮すべき事情あれば再入国許可も」
Isabel Reynolds 2020年6月4日 15:06 JST

日本政府は日本に生活基盤を置いている外国人の再入国を巡り、人道上配慮すべき事情がある場合は例外的に再入国を認める方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染防止対策として講じている外国人の入国拒否措置に対して批判が高まっていた。

法務省はウェブサイトに掲載した資料(5月27日)で、「特に人道上配慮すべき事情があるときなど、個別の事情に応じて特段の事情がある」場合は、例外的に上陸を許可する場合もあるとした。

新型コロナ感染拡大を抑えるため、日本は米国や欧州、インドなど111の国・地域を対象に外国人の入国を禁止。他の多くの先進諸国と異なり、在留資格や配偶者ビザを保有している外国人でも入国拒否の対象となっている。そのため、日本で暮らす外国人が日本に戻れない状態となったり、海外に住む親族の葬儀に出ることができないなどの問題が発生していた。
(以下省略)

closed.png
日本の国境は実質的に「封鎖中」です・・・・・

日本の場合、他の先進国とは異なり「在留資格」や「配偶者ビザ」があっても、一度出国すると戻ってこられないという問題がありました。
感染対策の観点からすればやむ得ないと思うかもしれません。私としては同じ境遇に立たされた時に「しょうがないね」と言い切れる自信は正直ありません・・・・

私としてはこの人道上必要な再入国に関しては容認すべきだと考えます。
絶対数も多いわけではなく、検査を行った上ですから問題ないと私は思います。

そして記事の後半で「ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランド」からの入国制限を緩和するという話が出てきました。
すでにベトナムとニュージーランドとは話が行われ、オーストラリアやタイも間もなく協議が始まるものと考えられます。

まずはビジネス渡航から始まり、次に留学生の渡航、そして最後に観光客の渡航が認められる見通しです。

一日も早く「コロナ鎖国」から脱却し、経済の冷え込みを再び温めてもらいたいものですね(´;ω;`)
posted by 大阪のしろきち at 17:40| 大阪 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目覚め前の京都(前編)

こんばんは!(^o^)
一昨日は取材を兼ねて2ヶ月ぶりに県境を越えて、京都市内へお邪魔しました。

今日と明日の前後編でお送りします。
日本有数の観光都市・京都、新型コロナウイルス禍はあまりにも過酷でした・・・・・

まずは清水寺へ。
バスに乗る前に京都駅前の風景をいくつか上げておきます。
DSC_0926.JPG
京都タワー。
「古都を照らす灯台」のようなデザインで、和蝋燭にも繋がるような雰囲気です。

DSC_0927.JPG
京都駅ビル。
1997年に梅田スカイビルも設計した原広司の設計によって完成しました。
DSC_0933.JPG
完成当初は賛否両論が渦巻いていましたが、完成20年以上も経過した今となっては京都のシンボルの一つです。

さて、京都市営バスに乗って清水寺へ向かいます。
(あんなにガラガラの京都市営バスは恐らく初めてです・・・・・)
清水寺へは坂を上っていきます。
普段であれば多くの観光客が思い思いお土産屋を物色したり、食べ歩きをしたりするのを目にしますが・・・・・・
DSC_0951.JPG
茶碗坂と清水坂の分岐点。
平日の10時頃だからという事もあるかもしれませんが、人通りが殆どありません・・・

DSC_0959.JPG
仁王門。
仁王像が左右に佇み、境内を守っています(*´∀`*)
DSC_0962.JPG
馬駐。
名前の通り「馬の駐車場」で、ここに馬を留めて休ませていました。
このように現存する例は珍しく、非常に貴重です。

DSC_0979.JPG
三重塔。
鮮やかな朱色で彩られた三重塔は東寺の五重塔にも引けを取らない威容を誇ります。

DSC_0007.JPG
田村堂。
こちらには清水寺を創建した4人(延鎮上人、坂上田村麻呂、三善高子、行叡)の像が大切に安置されています。

ここからは入場券を買い求めて、いよいよハイライトである「清水の舞台」(本堂)へ向かいます。続きを読む
ラベル:京都 清水寺
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする