2020年07月02日

イーグルボウル跡地はJR西日本のオフィスビルに!

こんばんは!(*´∀`*)
7月に入りましたが、天気が良かったり、悪かったりと「どっちかにせいやぁ!」と言いたい気持ちです。

就職活動もそこそこ、実は最近は第二の道を考えていたりと・・・・・
さて、今日は新大阪駅近くにあった「新大阪イーグルボウル」(アザドビル)のお話です。

※出典元
 (1)「【大阪市淀川区】変わりゆく淀川区・・・。 ライフ、KICONA、武田薬品のグランド、アステラス製薬、そして、新大阪のAZADビルもとうとうなくなり、更地になっていました。」(号外NET・2020年6月28日)
 (2)「淀川区に延べ2万平方bの事務所ビルを開発/10月初旬の着工めざす/JR西日本」(建設ニュース・2020年7月1日)

DSC_0414.JPG
大通り側(2020年4月撮影)
この時点ではまだ解体工事中でした。

遂に建築計画のお知らせが貼り出されたとの事で、詳しい内容について触れていきたいと思います!
『建築計画のお知らせ』
・建築主:西日本旅客鉄道株式会社
・設計者:西日本旅客鉄道株式会社
・工事施工者:未定
・建築物の名称:新大阪地区事務所ビル新築他工事
・敷地の位置:大阪市淀川区宮原四丁目3番6、3番4、3番5
・建築物の主用途:ホテル、店舗
・敷地面積:3,051.45平方メートル
・建築面積:2,241.69平方メートル
・延べ面積:20,039.72平方メートル
・容積率対象面積:18,150.81平方メートル
・構造:鉄骨造
・高さ:51.88m
・階数:地上9階、塔屋1階
・工事着手予定時期:2020年10月1日
・工事完了予定時期:2023年2月28日

計画名は「新大阪地区事務所ビル」、西日本旅客鉄道(JR西日本)が発注者であり設計者である点に注目したいところです。
どうやらJR西日本の社内に建築士事務所を持っているようで、自社で設計を行うようです。
shin-osaka_jr.JPG
完成予想ポリゴン。
今回はJR西日本不動産開発が建築主の「(仮称)新大阪PJ」も合わせて掲載します。

イーグルボウル跡地解体中!(2020年4月)」の記事内で「最大で15,360平方メートルの建物が容積率緩和無しで建てられる計算になります。」と大々的に書いたわけですが、こちらはいい意味で違ってました^^;

このビルの使い道ですが、私の推測で「大広新大阪ビル」内に入居している「JR西日本近畿統括本部」を移転させて、空きスペースに企業を誘致していくという算段を持っているではないかと考えています。
つまりは自社使用のためのオフィス利用が中心になりそうな印象がありますね。

とはいえ、新大阪イーグルボウルの跡地がオフィスビルになることに決まり、一安心です!(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(大阪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする