2020年07月11日

高架化前の浜寺公園駅(2020年6月現在)

こんばんは!!(*´∀`*)
今日は南海浜寺公園駅を取り上げます。

現在、石津川駅−羽衣駅間で高架化工事が進められており、その第1段階として近い内に仮線への移転が予定されています。
DSC_0159.JPG
この古き良き雰囲気を色濃く残すプラットフォームも、そろそろ見納めです。

DSC_0161.JPG
レンガ積みのプラットフォーム、時代に合わせて床が高くなってきており、まるで年輪のようです(*´∀`*)

DSC_0169.JPG
和歌山市駅方面ホーム(1番線・2番線)にある木造の待合室。
洋館風のお洒落なデザインです。

1897年(明治30年)に浜寺駅として開業、そして1907年(明治40年)に辰野金吾による設計で駅舎が建て替えられ、以来110年近くにも渡って愛されてきました。
DSC_0363.jpg
木造平屋のハーフティンバー様式(北方ヨーロッパの建築様式)が秀麗です。
曳家が行われ、現在はカフェとギャラリーとして活用されています。

DSC_0173.JPG
浜寺公園駅の仮駅舎。
2016年(平成28年)1月から供用が開始されました。

DSC_0366.JPG
高架化計画の掲示板。
完成は2028年(令和10年)3月、和歌山市方面の切り替えは2022年(令和4年)末、難波方面の切り替えは2025年(令和7年)末の予定です。

この高架化計画が完了すれば、難波−高石間が完全に高架化されます(*^^*)
高架化によって踏切事故がなくなり、運転見合わせの時間が大幅に減少する事が期待されますね!
ラベル:南海 浜寺公園駅
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする