2020年08月28日

金熊寺(2020年8月)

こんばんは!(*^_^*)
当ブログの看板コンテンツとなりつつある神社・寺巡りシリーズ。今回は大阪府泉南市の金熊寺です!

毎年2月下旬〜3月上旬には見事な梅林が広がり、「金熊寺梅林」として名高い事でも知られています。
とはいえ、夏の季節は梅も咲いていませんから静かで良い雰囲気のお寺です。
DSC_0827.JPG
やぐら小屋。
こちらは隣の信達神社と縁が深いわけですが、信達神社については次回お送りします。

DSC_0828.JPG
金熊寺梅林の石碑と金熊寺の石碑。
正式名称は「一乗山金熊寺」、宗派は真言宗御室派です。

創建年は682年(天武天皇2年)。役行者が創建しました。
DSC_0834.JPG
かつては多くのお堂があったそうですが、今はこの「観音堂」のみとなりました。

DSC_0851.JPG
本堂。
御本尊は如意輪観音、修験道の創始者である役行者が自ら彫ったものとされています。
(修験道といえば当ブログでも「夏の吉野山を散策する!(その3:修験道本山・金峯山寺)」の記事で取り上げましたね!)

DSC_0857.JPG
庫裏。
DSC_0869.JPG
庫裏と本堂は渡り廊下で繋がっています。
その周りはちょっとした庭園があり、枯山水の趣を感じさせます(*´ω`*)

DSC_0860.JPG
左側に見えるのが行者堂(役行者がお祀りされているようです)。
周りは霊園となっています。

DSC_0862.JPG
鐘堂。

梅の季節には周辺に食べ物の屋台が出るそうで、来年は是非とも行ってみたいものです!(*´∀`*)
おでんと梅ジュースが名物だそうで、書いているだけでお腹が減りそうです。
(つくづく煩悩を感じます・・・・・)

さて次回は信達神社です。
金熊寺とは深い関わりがあります。
ラベル:金熊寺 泉南市
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

トリヴェール和泉の工場・研究所を見る(2020年8月)

こんばんは!(*´∀`*)
残暑、いつまで続くのかと・・・・・

バイクで走るとペットボトルの水が瞬く間に1本、2本と消えていきます(´;ω;`)
そろそろ落ち着いて欲しいと思うこの頃、今日は和泉中央駅の南側・トリヴェール和泉の工場・研究所を見ていきたいと思います。
DSC_0304.JPG
中村超硬和泉工場。
ダイヤモンドワイヤによるシリコン加工を主に行っています。太陽光発電向けを手掛けています。
DSC_0307.JPG
トリヴェール和泉、更にその南のテクノステージ和泉。この辺りは泉州有数の工業団地であり、多くの労働者が日夜働いています(*´ω`*)

DSC_0309.JPG
大研医器。
真空吸引器と医薬品注入器を主力とする医療器材メーカーで本社・工場を構えています。
DSC_0315.JPG
近年では本社と工場・研究施設を一体化した会社が増えているようです。

DSC_0314.JPG
阪本薬品工業研究所。
グリセリンを主力とする化学薬品メーカーで、研究開発拠点を置いています。

DSC_0326.JPG
トリヴェール和泉の産業の中核的存在なのが、大阪産業技術研究所(ORIST)。
2017年(平成29年)に大阪府立産業技術総合研究所と大阪市立工業研究所を統合し誕生しました。
DSC_0327.JPG
こちらには本所・和泉センターが設置されています。
主に加工成形・金属表面処理・金属材料・電子機械システム・応用材料化学・高分子機能材料に関する研究が行われています。

DSC_0330.JPG
ちょっと要塞みたいな建物が全星薬品工業和泉工場。
ジェネリック医薬品メーカーとして各種医薬品を製造しています。

DSC_0340.JPG
ダイベア本社・和泉工場。
大手ベアリングメーカーのジェイテクトグループ(更に言うとトヨタグループ)の一つで、転がり軸受を専門に製造しています。

DSC_0345.JPG
村中医療器総合センター。
医療機器卸商社の同社が創業110周年を記念し、物流機能・研究開発機能・営業機能を集約しています。

続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

ふじと台ステーションビル『エスタシオン』(2020年8月)

こんばんは!(*´ω`*)
お盆が終わって早くも一週間、暑さは相変わらず厳しいですが熱中症にだけは気を付けていきたいものですね。

さて、取材日はお盆の最終日ということでドライブがてら和歌山方面へ。
その通り道のイオンモール和歌山、南海和歌山大学前駅があって公共交通で行くには便利なところです。
和歌山大学前(ふじと台)駅の駅ビルとなるのが「ふじと台ステーションビル『エスタシオン』」。レンガ造りの壮麗な建物です(*^_^*)
DSC_0668.JPG
イオンモール和歌山。
和歌山大学前駅から直結です。

DSC_0675.JPG
そしてふじと台ステーションビル「エスタシオン」。
2012年(平成24年)にオープンしました!

DSC_0706.JPG
東棟3階レベルとイオンモール和歌山が接続されています。
内部は綺麗に保たれています。

DSC_0681.JPG
中央部には古代ギリシャ風の柱を配しているのが印象的です。
高い吹き抜けが開放的ですね。

『建物概要』
・建築主:浅井建設株式会社
・設計者:株式会社日建設計、株式会社ディ・ブレイン研究所
・施工者:株式会社淺川組
・敷地の位置:和歌山県和歌山市中573-5
・主要用途:商業施設、ホール、駐車場
・敷地面積:約1万1500平方メートル
・延べ面積:約1万7800平方メートル
・階数:地上5階(東棟)、地上2階(西棟)

DSC_0722.JPG
西棟の2階部分から1階部分へ至る導線。
屋根の高さが開放的です。

DSC_0736.JPG
西棟はライブホールと事務所が入ります。
DSC_0742.JPG
小-大-小のアーチが見事です!

DSC_0769.JPG
東棟に戻って、バス乗り場側の入り口から。
ガラスとレンガの取り合わせがハイカラです。

DSC_0773.JPG
本物の煉瓦を積んでいるそうで、あと何年もすれば風格が出そうです(*´ω`*)

そして肝心の入居状況はと言うと・・・・・
DSC_0787.JPG
(東棟だけですが)1階〜2階部分に入っていたマックスバリュエクスプレスが撤退し空き店舗。
その他のフロアも所々空き店舗が目立ち、必ずしも良いとは言えません。

和歌山市内では最大の新興住宅地「ふじと台」、そのポテンシャルは大きいと思うだけに惜しい気がします。
私としてはクリニック・学習塾だけではなく、イオンモール和歌山に入居していない店舗を重点的に入れたいところですね。

例えばコンビニ、アニメショップ(和大生狙いで)、牛丼屋(これも和大生狙いで)辺りを入れるなどのテコ入れが欲しいです。。。
いい建物だけに、なんとも惜しい気がしました。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする