2020年08月12日

茅渟神社(2020年8月)

こんばんは!(*´ω`*)
最近は寺社訪問録が多くなってきていますが、今日は泉南市の茅渟神社です。
DSC_0221.JPG
入口付近にて。

DSC_0215.JPG
社務所。

主祭神は天忍穂耳命、天之菩卑能命、天津日子根命、活津日子根命、熊野久須毘命、多紀理比賣命、多岐都比賣命、市杵嶋比賣命。創建は平安時代中期とも伝えられています。
DSC_0224.JPG
りんくう翔南高校の美術系の人が干支の絵を書いて、飾っているようです。

DSC_0226.JPG
由緒書。
なんでもこの神社は「チヌ(クロダイ)釣り」にはよく信仰されているそうです。

DSC_0231.JPG
手水舎と石鳥居。

大阪湾は古来から「茅渟の海」と呼ばれてきました。
その由来として神武天皇が東征する折に、その兄である五瀬命が傷を負い、現在の樽井の地にある山の井で傷を癒やしました。
その血で山の井が「血の色」に染まったことから「血の沼」、そこから転じて「茅渟」になったと言われています。
DSC_0238.JPG
どうやら茅の輪くぐり神事が行われていたようです。

DSC_0239.JPG
拝殿。
奥には本殿があります。今まで巡ってきた神社では拝殿と本殿は少し離れて配置されている印象がありましたが、ここでは比較的近接して配置されているようです。

DSC_0246.JPG
伊勢神宮遥拝所。

DSC_0251.JPG
摂社の市杵島神社。

DSC_0279.JPG
宮元講のやぐら小屋。
樽井でもやぐら曳行が毎年行われ、宮元構の他、戎福中講、濱中講、獅子講の4講があり、「宮入り」の際にはこの茅渟神社の境内に一堂に会します。

しかし今年はどこの秋祭りも中止(´;ω;`)
なんとも残念な限りです・・・・・

茅渟神社、釣りのお守りや「ちぬみくじ」があるそうなので、皆さんも是非参拝してみては?
ラベル:茅渟神社 泉南市
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする