2020年08月19日

夏の吉野山を散策する!(その5:吉野山散策と青の交響曲)

こんばんは!(^o^)
今日は当シリーズの最終回です。前回までは吉水神社と勝手神社を取り上げてきました。

今回は吉水神社から吉野山を歩き、そして青の交響曲(シンフォニー)で大阪市内へ戻ります。
DSC_0457.JPG
吉野山の街並み。
旅館や飲食店・土産物店が並びます。

DSC_0458.JPG
吉野山といえば薬でも有名で、陀羅尼助丸が胃腸薬として親しまれています。
まさしくこの写真は陀羅尼助丸の販売元「藤井利三郎薬房」です。


途中、美味しそうな葛切り屋があったので、ふらっと立ち寄りました。
お店の名前は「芳魂庵」、屋外席で吉野で最初に葛切りを出した名店の「くずきり」を冷やし抹茶と一緒にいただきます。
なんでも注文ごとに作るようで、舌触りはツルツル、素朴な味わいの黒蜜と合わせれば清涼感が体中を駆け巡る美味しさです(*´ω`*)

再度、金峯山寺の境内を通り抜けるルートで戻っていきます。
DSC_0498.JPG
金峯山寺の仁王門へ向かう石段から見た街並み。
歴史の重みと桜の時期の賑わいが目に浮かびます。

DSC_0517.JPG
坂道を下って・・・・・

DSC_0529.JPG
黒門。
吉野山の「門」で、いかなる大名も馬から降りて歩く位に神聖な場所でした。

DSC_0547.JPG
吉野ロープウェイの吉野山駅。

ここから近鉄吉野駅へ向かいます。
その前に近くのお店で鮎の炭火焼きを購入し、熱心にかぶり付きました(*´ω`*)
野性味溢れる味わいで美味しいです(^o^)
DSC_0558.JPG
それでは吉野駅へ戻ります!
続きを読む
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(2) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする