2020年08月23日

南海貝塚駅前マンション計画(仮称・2020年8月)

こんばんは!(^o^)
今日は南海貝塚駅前に建設予定の「南海貝塚駅前マンション計画(正式名称が分からないので仮称)」です。

2019年(平成31年)までは商業施設のシェルピアが建っていました。
shellpia.JPG
Googleストリートビューより、在りし日のシェルピア。

幼い日には「まるでデパートみたい!」と心を踊らせてたりもしましたが、近年では空き店舗も増えて寂れていました・・・・・
DSC_0555.JPG
解体工事は2019年(令和元年)12月から始まり、大方終わっている印象です。

DSC_0567.JPG
完全に何も無くなっていました。
立体駐車場だけが残ります。

DSC_0573.JPG
貝塚駅から望む。

DSC_0580.JPG
取材時点では残骸の運び出しと基礎部分の解体が行われていました。

DSC_0585.JPG
重機が置かれています。

DSC_0561.JPG
跡地の建築計画のお知らせ。

『建築計画のお知らせ』
・所在地:大阪府貝塚市近木町1447番13
・用途:店舗付共同住宅
・構造:鉄筋コンクリート造 6階
・高さ:19.25m
・敷地面積:496.90平方メートル
・建築面積:347.91平方メートル
・建築主:イヅミイチ株式会社
・設計者:大成ユーレック株式会社一級建築士事務所
・工事施工者:大成ユーレック株式会社
・工事着工の予定:令和3年2月15日頃

大阪府南海貝塚駅前マンション複合新築1階テナント」(メディカルリサーチ)によると、1階部分にクリニックの誘致を予定しているそうです。
完成時期は2022年(令和4年)の春、急行停車駅である貝塚駅のすぐ近く出るから、人気は出そうです。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする