2020年09月09日

岡中神社と海会寺跡(後編)

こんばんは!!(*´ω`*)
いよいよ今日から熊野三山&伊勢巡りです。

昨日は岡中神社をメインに取り上げました。
今日は海会寺跡です(^ω^)

7世紀後半に建立したと考えられ、法隆寺のような伽羅配置がされていたようです。
室町時代頃までは存続していましたが、廃絶し1980年代までは長い眠りについていました。
DSC_0801.JPG
豪族の屋敷跡。
海会寺跡を建立した豪族が住んでいたとされており、当時の一般庶民の住居の数倍はあったようです。
DSC_0802.JPG
案内板から左手に脇殿、中央に正殿があります。
DSC_0806.JPG
今では広い芝生の広場と森が広がっています。

DSC_0820.JPG
陶製の配置図。
DSC_0821.JPG
金堂と塔の周りを囲むように回廊があり、北側に講堂、南側に中門があったようです。

DSC_0837.JPG
一岡神社本殿。
ここに嘗ては金堂が建てられていました。

DSC_0850.JPG
回廊跡。

DSC_0844.JPG
恐らくこの辺りに講堂があったようです。

DSC_0854.JPG
塔跡。
五重塔か三重塔かは定かではありませんが、同時期(7世紀後期)に法隆寺の五重塔が建立されたことから五重塔の可能性もあると思います(*´∀`*)

DSC_0874.JPG
塔跡に登ってみます。
ここに立てば、かつての威容を思い浮かべる事ができます(*^_^*)

海会寺跡にある一岡神社、実は1907年(明治40年)に熊野九十九王子の一つ・厩戸王子を合祀し、現在は境内社の市杵島神社としてお祀りされています。
DSC_0898.JPG
市杵島神社。

さて、熊野へ向けて出発です!
海会寺と一岡神社にまつわるロマンを胸に秘めながら・・・・・
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(2) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする