2020年09月18日

熊野三山&お伊勢参り「その10:お伊勢参り」

こんばんは!(*´∀`*)
このシリーズも残りは1本となりました。

最終日の4日目、伊勢神宮(正式には神宮と呼びますが)をお参りします。
それにしてもこのご時世で朝食バイキングが出るホテルはなかなか貴重な気がしますね・・・・・
DSC_0517.jpg
外宮(豊受大神宮)の表参道。

DSC_0527.JPG
一の鳥居。

DSC_0533.JPG
二の鳥居。

伊勢神宮といえば20年に一度の式年遷宮。
前回は2013年(平成25年)に行われ、次回は2033年に行われますが、敷地は左右交互で使い回していきます。
DSC_0536.JPG
2033年の式年遷宮で正宮の用地として確保されています。
2013年以前の正宮が建っていた場所です。

DSC_0547.JPG
正宮。
豊受大神宮の主祭神は豊受大御神、建築様式は神明造で中でも神宮にだけ許された建築様式であるから「唯一神明造」と呼ばれています

この後、多賀宮と土宮・風宮も参拝し、内宮へ向かいました。
DSC_0575.JPG
内宮(皇大神宮)のお土産店。
一番参拝客が多いエリアのせいか、充実度が桁違いのようです。

DSC_0586.JPG
宇治橋前の鳥居。

DSC_0628.JPG
内宮の正宮。
主祭神は天照坐皇大御神、各地の神社でいただける「神宮大麻」はこの内宮(皇大神宮)の神札です。

本来は外宮から内宮の順番で両方参拝するのが正しいとされていますが、割と内宮だけ参拝する人も多いようです。
私としては自分自身で行く時は外宮と内宮を両方参拝しますが、内宮だけでもご利益は十分にあると考えていますので深く考えなくてもいいと思います(*´∀`*)
この後、荒祭宮を参拝しおはらい町・おかげ横丁へ向かいました。
DSC_0635.JPG
砂利道がなんとも心地良いですね。

DSC_0642.JPG
五十鈴川の清流、神聖さを一層感じますね。

これで熊野三山と伊勢神宮を「お参りした」訳で、あとはグルメを楽しむとしましょうか(*´ω`*)
次回、最終回はおはらい町・おかげ横丁で舌鼓、そして最後は特急しまかぜで大阪へ戻ります。
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする