2020年10月02日

あをによし・紅葉前の奈良を歩く(後編)

こんばんは!(*^_^*)
前回までに氷室神社と東大寺をお参りしてきましたが、今回は元興寺です。

東大寺から元興寺までは、歴史情緒溢れる「ならまち」を歩きます。
DSC_0194.JPG
奈良県猿沢イン付近より興福寺の五重塔を望む。

DSC_0196.JPG
道祖神社(猿田彦神社)。
かつては元興寺の境内にあった神社だそうですが、現在は町中の神社として地域から愛されているとか。

道祖神社と現在の元興寺は距離にして約200メートル。かつての元興寺の境内は現在の「ならまち」と呼ばれる場所まで広がっていました。
DSC_0207.JPG
ならまちの一風景。
こちらの通りには「菊岡漢方薬局」が。風情のある建物で漢方、いいもんです(^^)

その元興寺ですが、同じならまちに2つ存在し、1つは世界文化遺産で真言律宗の元興寺、もう1つは華厳宗の元興寺です。
DSC_0217.JPG
元興寺(塔跡)の門。

DSC_0234.JPG
観音堂。

DSC_0244.JPG
塔跡。
江戸後期までは五重塔が建てられており、奈良の名所として知られていたそうです。

こちらの境内は狭いながらも生き生きと草や花に彩られています。
五重塔、もし再建されていたらどんな感じになるんでしょうね。見たいと思いつつ、これはこれで・・・とも思えます。
続きを読む
ラベル:奈良 元興寺
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする