2020年10月24日

JR西日本、新大阪に3棟目のオフィスビル新築計画!

こんばんは!(*´∀`*)
今日の早朝より初の本格的(?)ツーリングへ出掛けます。

日曜深夜からはそこで取材したネタも上げていくので、お楽しみに!
さてオフィス新築計画の相次ぐ新大阪エリアでまたしても、新規のオフィスビル計画が持ち上がりました。
JR西不 新大阪エリアにオフィス計画」(建通新聞)
淀川区に延べ1・3万平方b超の事務所ビル/12月初旬の着工めざす/JR西日本不動産開発」(建設ニュース)
建設予定地は建設ニュースの写真が撮られた位置から「キコーナ新大阪店」(2020年4月閉店)の跡地と考えられます。
『建物概要』
・所在地:大阪府大阪市淀川区宮原4-6-13(キコーナ新大阪店と同一)
・延床面積:1万3000平方メートル
・構造:不詳
・階数:不詳
・工期:2020年(令和2年)12月初旬〜2022年(令和4年)2月末
・建築主:JR西日本不動産開発
・設計者:大和ハウス工業
・施工者:大和ハウス工業

shin-osaka_1023.JPG
建設予定地(Google Earthより)

shin-osaka_1023_2.JPG
ストリートビューより。
キコーナといえば、近畿圏ではそこそこ有名なパチンコ店という印象があります^^;

JR西日本グループが新大阪エリアでオフィスビルの新築を決めたのは3件目であり・・・・・
・1件目:(仮称)新大阪オフィス計画(延床面積が2万5736平方メートル、2022年2月竣工予定)
・2件目:新大阪地区事務所ビル(延床面積が2万0039.72平方メートル、2023年2月竣工予定)

2件目はJR西日本グループ内で使用することになりそうですが、合計で約5万9000平方メートルのオフィスビルが新規に供給されることになります。

新大阪エリアのオフィスビル計画を見ていくと・・・・
・(仮称)野村不動産新大阪ビル(延床面積は9662平方メートル、2021年6月竣工予定)
・(仮称)新大阪オフィスビルプロジェクト(延床面積は1万0876.73平方メートル、2022年2月竣工予定)
・(仮称)新大阪オフィス計画(延床面積が2万5736平方メートル、2022年2月竣工予定)
・(仮称)新大阪第5ドイビル(延床面積は1万3402平方メートル、2022年2月竣工予定)
・新大阪地区事務所ビル(延床面積が2万0039.72平方メートル、2023年2月竣工予定)

2022年2月竣工が多い印象を受けます。
その中でもJR西日本グループがダントツでオフィスビルの供給を進めており、仮に大広新大阪ビルから建設中の新大阪地区事務所ビルにJR西日本の近畿統括本部が移るとなると、その分の空室分が供給に回されることになりそうです。

北陸新幹線・リニア中央新幹線の新大阪延伸でアクセスの良いこのエリアにオフィスが集積することになりそうですね(^o^)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 都市開発(大阪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする