2020年11月17日

荒山宮・多治速比売神社(2020年11月)

こんばんは!ヽ(=´▽`=)ノ
先週の土曜日も泉北・滝畑方面へツーリングに出向いていました。

大阪府河内長野市と和歌山県伊都郡かつらぎ町の境・蔵王峠を走ったときにはアドレナリンがドバドバと出てきて、実に愉快でした(*´∀`*)
さて、蔵王峠を走る前に訪れたのは大阪府堺市南区の「多治速比売神社」です。

こちらは西暦580年頃に創建され、御祭神として多治速比売命と素盞嗚尊、そして菅原道真公がお祀りされています。
また、太平洋戦争の終戦を決断したことで知られる元首相の鈴木貫太郎ゆかりの神社としても知られています。
DSC_0899.JPG
境内全景。
拝殿の美しさが目立ちます。

DSC_0907.JPG
楠の古木。
丁重にお祀りされていました。

DSC_0924.JPG
拝殿。
DSC_0933.JPG
拝殿を別角度から。
この奥には国の重要文化財である本殿があります。その回りを複数の境内社が鎮座しています。
(宇佐神宮に近い感じがします。)

DSC_0943.JPG
境内社の水天宮。

泉北ニュータウンの造成にあわせて、1963年(昭和38年)に拝殿などの改修が行われました。
以前はもっと社有地が広かったようですが、大部分を売却し、その一部が荒山公園として供用されています。
(荒山公園は梅林で有名みたいですね!ヽ(=´▽`=)ノ)
DSC_0939.JPG
境内図。

DSC_0938.JPG
由緒書。

DSC_0909.JPG
境内社の福石社。

DSC_0914.JPG
境内社の稲荷社。

この神社の境内社としては
・坂上社
・鴨田社
・大神社
・住吉社
・天照社
・八幡社
・春日社
・熊野社
・白山社
・弁天社
・稲荷社
・福石社
・水天宮

の13社があり、うち3社は独立した形で、あとの10社は本殿周辺に集約されています。この13社と多治速比売神社を合わせて「荒山宮」と呼ばれるようです。
DSC_0952.JPG
伊勢神宮遥拝所。

DSC_0974.JPG
楼門。

ところで「多治速」という文字を見て、南阪奈道路の「たじはや本線料金所」の存在を何故か思い出しました。
ひょっとしてこの神社が由来ではないかと思ったのですが、場所も離れているわけですから謎です。

一度この神社も参拝してみたいと思っていたので、念願が達成できて満足です(*´∀`*)
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(2) | 寺社仏閣巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする