2020年11月19日

泉ヶ丘駅前へ移転予定の近畿大学医学部・近畿大学病院(2020年11月)

こんばんは!ヽ(=´▽`=)ノ
今日は泉北ニュータウンの中心部・泉ヶ丘駅前に2024年(令和6年)に移転予定の「近畿大学医学部・近畿大学病院」をお送りします。
(出典: 近畿大学医学部および近畿大学病院を大阪府堺市へ移転 南大阪における基幹病院および救急災害拠点として地域医療に貢献 (近畿大学・2020年9月30日))
izumigaoka_pool.JPG
旧泉ヶ丘プールの跡地が良質な医師を育成する医学部と最先端医療を担う大学病院に生まれ変わります!

kindai_1.jpg
完成予想図。
こちらのキャンパスで約1000人近い医学生が学ぶ他、800床を誇る最先端医療を提供する大学病院が併設されます。

DSC_0064.JPG
建築計画のお知らせ、のような「開発行為等に係る計画に関する説明会のお知らせ」。

『開発行為等に係る計画に関する説明会のお知らせ』
・開発区域の所在地:大阪府堺市南区三原台一丁3番9、3番11及び3番13、二丁2番11
・建築物の用途:病院・大学・駐車場(病院・大学関連施設含む)
・高さ:48.01m、(塔屋等を含む)50.56m
・階数:(塔屋1階)地上10階、地下1階
・構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造
・敷地面積:78,747.61平方メートル
・建築面積:29,764.85平方メートル
・延べ面積:145,020.86平方メートル
・棟数等:6棟
・開発者:学校法人近畿大学
・設計者(代表):株式会社久米設計
・工事施工者:未定
・工事着工の予定:令和2年12月
(以下省略)

DSC_0074.JPG
泉ヶ丘プールは2019年(令和元年)の8月末を以って閉鎖され、解体工事が行われています。
大方更地になっている印象です。

DSC_0078.JPG
現場事務所も設けられて、来月の着工を待つのみですね!

1970年代に新設された医学部で全面移転というケースは初めて聞きます。
現在の大阪狭山市にあるキャンパスも敷地面積は広大で「玉突き方式」での建て替えは十分に可能と考えられるのですが、やはり駅前に移転したほうが利便性が良いという判断かもしれませんね。
(大阪狭山市としてはたまったものではないかもしれませんが・・・)

とはいえ、大阪狭山市のキャンパスも病院に関しては事業者を移管した上で存続方針ですから、地域医療(病院)機能に関しては縮小の上で維持されるようです。
kindai_2.JPG
大阪狭山市の近畿大学医学部と近畿大学病院。

さて次はいよいよ滝畑ダムと蔵王峠を「攻めてきます!」
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 | Comment(0) | 都市開発(泉州・りんくう) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする