2020年11月30日

(仮称)新大阪オフィス計画(2020年11月)

こんばんは!!(⌒▽⌒)
今日は新大阪でJR西日本不動産開発が建設予定のオフィスビル「(仮称)新大阪オフィス計画」を取り上げていきます。

昨日取り上げた「(仮称)新大阪オフィス計画U」の道路挟んで南東側に建設される予定です。
DSC_0854.JPG
建築計画のお知らせ。

『建築計画のお知らせ』
・建築主:JR西日本不動産開発株式会社
・設計者:株式会社大林組 大阪本店 一級建築士事務所
・工事施工者:株式会社大林組 大阪本店
・建築物の名称:(仮称)新大阪オフィス計画
・敷地の位置:大阪市淀川区宮原4丁目5−1他
・建築物の主用途:事務所・店舗
・敷地面積:3,206平方メートル
・建築面積:2,052平方メートル
・延べ面積:25,736平方メートル
・容積率対象面積:22,976平方メートル
・構造:鉄骨造
・高さ:59.9m
・階数:地上13階、塔屋1階
・工事着手予定時期:令和2年7月初
・工事完了予定時期:令和3年12月末

DSC_0872.JPG
地盤工事が進んでいます。
クレーンが搬入されていました。

DSC_0855.JPG
南隣ではJR西日本本体の「新大阪地区事務所ビル」の工事が進んでいます。

DSC_0879.JPG
完成予想図。
1階部分にはコンビニやカフェが入居しそうです(*´ω`*)

工期は労災保険関係成立票より2022年(令和4年)1月31日までとなっています。

ここ最近はテレワークの普及で「オフィスビルはいらないんじゃないか?」と言われています。
しかし、(私の勝手な考えですが)すでに半年以上テレワークをやって来た中で「対面して仕事をすること」のプラス面も分かってきたのではないか、「家で仕事をすること」のマイナス面も同じくらい分かってきた。だったら最新設備(特に換気設備は重要!)のオフィスビルで感染症の心配をせずに対面して仕事をすればいいじゃないかと思うわけです・・・・・

JR西日本も経営が苦しい中でオフィスビルの開発を止めないのは、「テレワークの限界」と「対面ワークの良さ」が分かりつつあることではないかと考えるわけです(´・ω・`)

さて、次回は「新大阪第5ドイビル」を取り上げていきます!
〜こぼれ話〜
11月最後の日曜日に和歌山県にある「堀越観音」と「葛城蔵王権現社」を参拝してきました。
そちらが素晴らしいので、明日と明後日・明々後日はこの2つを取り上げていきたいと思いますm(_ _)m
posted by 大阪のしろきち at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 都市開発(大阪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする