2012年03月16日

福岡&佐賀弾丸日帰り旅行記! 柳川市内編

こんにちわー!
今日は「福岡&佐賀弾丸日帰り旅行記! 福岡空港〜柳川到着編」の続きを書きたいと思います!

柳川駅に到着。しかし、駅前は恐ろしい程静かであった。
DSCF0941.JPG

駅前にはうなぎ屋が2店有ったが、どこの店も誰も入っていない・・・・・

流石の私も、「店内に一人で食べている姿」を想像するととても耐えられなかったので、暫く待ってみることにしました。

コンビニに入って電池を購入したり、自販機で水を買ったりしつつ待っていると、二人組が「福泉操」と言う店に入っていくのを見かけました。

私は二人組が入った店に入り、店員サンにカウンター席を案内されたのでカウンター席へと座ったのです。

どうやら、そのカウンター席は夜の時間帯になると居酒屋になるみたいで、焼酎の瓶が多数置かれていました。

私は当然の事ながら「うなぎのせいろ蒸し(2300円)」を注文。店員サンは「20分〜30分かかりますが・・・・」と言ってくれたのですが、時間がたっぷり有ったので快く了承。

その間、本を読んだり、途中で店員サンがテレビを付けてくれたので「3分ク◯キング」や「ヒル◯ンデス!」を見ている内にお目当ての品が到着・・・・・

DSCF0946.JPG
↑川下りの船をイメージした器(だと思われる。) なかなか良い感じです。

蓋を上げると、うなぎのせいろ蒸しが姿を表したのです!(当たり前)
DSCF0947.JPG

うなぎのせいろ蒸しの他にも茶碗蒸しや肝吸い・うざく(鰻と胡瓜の三杯酢)・漬物が付き、それらと交互に香ばしくもふっくらと蒸されている鰻と、鰻の旨味が染み込んだご飯を食べ進めて行きました。

食べ終わった後、食後のドリンクとしてオレンジジュースを頂きました!(本当はコーヒーだったのですが変えてもらいました。)
DSCF0950.JPG

そして、満足した私は店を後にして、市内の方へと向かいました。

DSCF0963.JPG
↑しばらく歩くと九州限定のチェーン店が有りました。こう云う物を見つけるのも旅の醍醐味です。

ようやくお堀が見えてきました。
DSCF0965.JPG

やはり風情が有って良い所です。
DSCF0968.JPG

今でこそ観光の目玉となった「掘割」。しかし、一時は清掃が行われなくなった事によってドブ川に成り果て、しまいには埋め立て・暗渠化が行われる寸前まで陥りました。

その時、一人の市職員による働きかけで時の柳川市長が埋め立て・暗渠化計画を中止。一転して保存・整備が行われることとなりました。

それから市では浚渫や排水規制をメインとした「河川浄化計画」、地域住民も堀の清掃などを行った結果、今の姿に生まれ変わったのです。
DSCF0974.JPG

さて、柳川橋の交差点を左に行くと、懐かしい感じの商店街が見えてきました。

DSCF0990.JPG
↑家と家の間にもお堀が・・・・・ やはりお堀は柳川に無くてはならない存在であることを強く実感しました。

DSCF0991.JPG
↑後で知ったのですが、美味しいパン屋だそうです。今度行く事が有ったら、食べてみたいものです。

その後、京町バス停から13時26分発佐賀駅バスセンター行きのバスに乗車・・・・・

と云う訳で今日はここまで!!

また明日もご期待ください!!

続く
posted by 大阪のしろきち at 17:09| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。