2012年03月17日

福岡&佐賀弾丸日帰り旅行記! 柳川発佐賀経由久留米編

こんばんわー!
今日はクラブの地域活動の一環として、科学実験教室を開きました。
準備とか後片付けは大変でしたが、子どもたちが喜んでくれたので「やって良かったなぁ」と思っています。

さて、本題に入りましょう。
ここでは「福岡&佐賀弾丸日帰り旅行記 柳川市内編」の続きを書いていきたいと思います!!

前回、京町バス停を13時26分に出発した佐賀駅BC(バスセンター)行きのバスは、大川市内を経由して一路目的地へと向かっていました。

その道中、またもや睡魔に襲われ、空いていた前の席にもたれ掛かる形で暫しの間眠っていました。

起きたのは恐らく佐賀市内の辺りでしょう。終始バスの車内は私を含めて10人以下しか乗っていなかったと思います。

そして、14時10分頃、バスは佐賀駅BCに到着!! 私はそこから佐賀駅に向かいました。

DSCF0993.JPG
↑佐賀駅正面玄関、何か佐賀県を代表する駅にしては地味・・・・

DSCF0998.JPG
↑切符売り場です。

切符を買い求め、駅の中にある本屋で時間を潰した後、駅構内へ・・・・

DSCF0999.JPG
↑「白いかもめ」の愛称で知られる885系のSM8編成。JR九州の車両は斬新でセンスがGood!

DSCF1002.JPG
↑西唐津行きのキハ40系。このあと、豪快なエンジン音を響かせながら出発していきました。

九州ならではの鉄道車両を撮影している内に、14時45分発の鳥栖行きワンマンカーが到着。

そこそこの乗車率で定刻通りに出発した後、車内を見渡してみました。

DSCF1024.JPG
↑ 関西では見る事の無い円形配置のつり革。

DSCF1025.JPG
↑木と革を組み合わせたお洒落なシート。

やはり、通勤車両とは思えないほど良い感じの内装です。

JR九州の鉄道車両と言うのは基本的に水戸岡鋭治氏がデザインしており、何の変哲もない通勤車両でさえ、ここではイベント車両みたいに遊び心に溢れた車両になるのです。

こういう所は、「鉄道車両を黄色や緑色一色に塗るどこぞの鉄道会社」も是非見習って欲しいと思います。

DSCF1016.JPG
↑中原駅で特急通過の為に停車した為、その間に撮影・・・・

15時16分、鳥栖駅に到着、その後15時25分発の熊本行きワンマンカーに乗車・・・・

DSCF1030.JPG
↑815系です。やはりこれも水戸岡さんがデザインしています。

DSCF1031.JPG
↑車内は817系とは違いロングシートですが、やはり素晴らしいデザインです。

15時34分、久留米駅に到着。この駅は九州新幹線も停車しています。駅舎は新幹線開通に合わせて改築されました。

DSCF1049.JPG
↑自由通路の天井や玄関口には久留米の名産品などをモチーフとした美しいステンドグラスがはめ込まれています。

そこから、西鉄久留米駅方面のバスに乗り西鉄の久留米駅へ・・・・

久留米で有名なのはラーメンですが、実は上履きなどで有名なムーンスターやアサヒコーポレーションの本社・工場もこの地にあると言う事は余り知られていません。

そして、バスは西鉄久留米駅に到着、そこから西鉄福岡に戻る列車に乗るのですが・・・・・

と言う事で今日はここまで!!

明日もご期待ください!

続く
posted by 大阪のしろきち at 23:45| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。