2012年04月01日

驚きの100系統りんくうタウン線!+りんくうアウトレット、ただ今拡張工事中!(PART3)

※「和歌山大学前駅、遂に開業!!」の続きです。
和歌山大学前駅から和歌山市駅まで普通列車で移動・・・・・

そして、和歌山市駅に到着した後、時間がたっぷり余ったので和歌山市立図書館へと足を運びました。

様々な本を読み漁った後、図書館を出て、少し離れた距離に有った某コンビニで昼食のおにぎり(2個で188円)とペットボトルのお茶(98円)を購入したのでした。(それにしても「おにぎりをちょっとあたためますか?」と聞かれたのには驚いた。北海道ではなく和歌山で・・・・・)

和歌山市駅前の(鳩が一杯の)バスターミナルの椅子で合計286円の激安ランチを摂った後、1000円札を両替しようと右往左往・・・・・

ふと、見るとバスが止まっているではありませんか!?

私は慌ててバスに飛び乗りました。(結局1000円札はバスの中で両替しました。)

DSCF1821.JPG
↑何の変哲も無いノンステップバス・・・・・ しかし、方向幕は「100 りんくうタウン駅前」

車内も至って普通の路線バス。これでりんくうタウンまで行くとは俄に信じられませんでした。

やがてバスは発車、和歌山大学前駅西口へと向かいました。

乗車率は和歌山市駅発車時はあまり乗っていなかったのですが、和歌山大学前駅西口から何名か乗車したお陰でまずまずの乗車率・・・・・

そして、和歌山大学前駅西口を出発すると後はイオンモールりんくう泉南までノンストップ。

孝子峠を超え、深日ロータリー、みさき公園前を過ぎ、淡輪で第二阪和国道を通ると思いきや!?

ナント、第二阪和国道を通らずにわざわざ地道を通っているではありませんか!?

これには正直驚かざる得ませんでした!(和歌山バスが路線バス車両でりんくうタウンまで乗り入れること自体が既に驚きなんですが・・・・)

途中、何度か信号に引っ掛かりながら、バスはイオンモールりんくう泉南に到着・・・・

そこで何組か降りた後、またバスはりんくうタウンに向けて発車!

りんくう往来南3番(りんくうプレミアム・アウトレット前)を経由し、いよいよ終点のりんくうタウン駅前に到着!!

DSCF1835.JPG
↑航空保安大学校と和歌山バスのコラボレーション。あまりにも・・・・(以下省略)

それにしても、長い人で1時間半も路線バス仕様の車両で揺られるのはちょっとしんどいような気がします。

折角なら、路線仕様のバスを何台か改造してクッション性を高めたシートを積んだら良いんじゃないのかな?と思います。

運賃は780円と高い様な気がしますが、1日フリー乗車券を使えば実質片道500円で行ける訳ですから、かなりお買い得な上に面白い路線です。

所要時間は先程述べたように長い人で1時間半と言うのは長すぎる様な気がします。

そこは第二阪和国道を使って時間短縮を図るのがベストでしょう!

いろいろ言わせてもらいましたが、なかなかルートが面白い路線なので末永く残って欲しいと思います!

続いては「りんくうアウトレット、ただ今拡張工事中!(PART3)」です!さて、りんくうタウンを降り立ったからには、アウトレットの拡張工事の様子を見なければなりません。

先月の18日頃に第四期部分と既存部分を結ぶ歩道橋が架けられたと言う話を聞き、「出来るだけ早く取材しなければ!」と思っていました。

いつもの撮影スポットで撮ると、やはり約1ヶ月前とはだいぶ変わったような気がしました!

DSCF1842.JPG
↑外壁の数が増えてきたような気がします。

DSCF1844.JPG
↑若干見にくいですが、壁の上面が三角形になっています。

そして、今回の取材の上でメインとなる歩道橋は・・・・・

DSCF1850.JPG
↑歩道橋の色はブラウンで「RINKU PREMIUM OUTLET BRIDGE」と書かれています。

DSCF1847.JPG
↑外壁に穴を開けて連絡通路にするようです。

それにしても、休日のアウトレットは人で一杯です!

カップルに家族連れ・・・・・(そして私は一人・・・・)

第四期部分がオープンすれば更に混雑しそうな予感がします!(関係の無い話ですが、何故か今日はシークルの駐車場も混んでいました)


その後、りんくう往来南3番(アウトレット前)からイオンモールまでバスに乗り、そこから帰路についたのでした。

DSCF1867.JPG
↑帰りに乗ったバス。乗車率はあまり高くなかったように思えます。

今日はとてつもなく充実した一日でした!

和歌山大学前駅を見て、珍系統の100系統りんくうタウン線に乗り・・・・・

さて、今日はこの辺で終わりましょう!!

「Good night!」
posted by 大阪のしろきち at 20:32| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。