2014年06月19日

広島の新車は「227系」!國鐵廣島も終焉近し・・・・・!

こんばんは!(^^)
今日は久々に鉄道ネタで書きたいと思います!(^^ゞ

1年前に当ブログでも取り上げた「國鐵廣島」(大阪環状線・広島地区に新車導入!)。
いよいよ、(車両的に)民営化」される時がやってきました・・・・・


少し前からまことしやかに騒がれてきましたが、JR西日本から正式に新車導入が発表されました!\(^o^)/
227系近郊形直流電車の概要について」(JR西日本・プレスリリース)
JR西日本、広島地区に227系近郊形直流電車を投入」(THE PAGE)

新形式名は「227系」!
見かけ上は側面は京阪神地区で活躍中の225系。前面は北陸地区で活躍中の521系(3次車)と同じです。
最高速度は225系や521系よりも少し低めの110km/h。車体も同じくステンレス製。
ここまでは225系や521系と比べてもあまり変わらないような気がしますが、細かい点で改良が加えられています。

例えば運転席の「グラスコックピット」化(JR西日本の在来線では初)!
速度計や圧力計等の運転に必要な計器を液晶画面に収めることになりました。

そして方向幕の「フルカラーLED」化!
今までは種別は「幕式」・行先は「LED式」がJR西日本のデフォルトでしたが、227系ではこれを一体化します。
既に近畿圏の私鉄(特に南海や阪急)では広がりつつありますが、JR西日本の在来線では初めて導入することになります。

気になる客室は基本的には(521系と同じく)転換クロスシート、車端部のみロングシートの構成。
多機能トイレも設置され、長時間の乗車でも安心(^^)

安全面でも向上が図られ、新型の保安装置を搭載したり、脱線時などに自動的に緊急停止する装置の設置。
そして一番目につきやすいのが「先頭車間への転落防止幌」の設置です。
正直なところ不格好ではありますが、安全面を考えれば必要な物でしょう(;´∀`)(とは言え、もう少しデザインを良く出来なかったのかとは思いますが・・・・・)

内外装ともに「広島らしさを強調した『赤色』を貴重とした色調」にしており、黄色ベースの色調になると思い込んでいた私にとっては予想外でした(^^ゞ

2014年度から導入を開始し、2018年度までに276両を投入!(これにはビックリしました!)
最終的には広島支社に在籍している115系をほぼ駆逐する予定になります。

これが意味するのは「國鐵廣島」の終焉です。
1987年の国鉄民営化から28年・・・・・

ようやく広島にも「国鉄民営化」の風が吹いてきたように感じます(^^;

P8120064.JPG
↑この光景も数年後には過去のモノになりそうです。(下手な写真でゴメンナサイ)

久々の鉄道ネタだったので、少しばかり中身が薄いかもしれません(^_^;)
その辺りは心の広い皆さんにお許しを請うことにして、今日はこの辺で失礼します!(^o^)
posted by 大阪のしろきち at 21:50| 大阪 ☀| Comment(0) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]