2015年03月13日

けいはんな学研都市に三菱東京UFJの事務センター設置!

こんばんはー!
実は酔っ払いながら書いているのと、新しいパソコン(ダイナブック)からは初めての投稿です^^;
昨日はけいはんな学研都市の国立国会図書館関西館に行ってきたわけですが、行く前に世界でも有数のメガバンク「三菱東京UFJ銀行」が旧私のしごと館(けいはんなオープンイノベーションセンター)隣の大阪ガス保有の土地の一部を購入して、事務センターを建設するというニュースを見ました。

三菱UFJ銀、関西学研都市に事務センター開設」(京都新聞)
三菱UFJの学研都市進出歓迎 京都府知事「最大規模の投資」」(京都新聞)

上記の新聞記事から読み取れる情報は・・・・・
・三菱東京UFJ銀行が精華町・木津川市に事務センターを設置することを検討。
・大阪ガスから約5ヘクタールを取得。
・高さは最大で48メートル(約16階分)。
・京都府知事いわく「戦後最大規模の投資」で最先端の機器が導入され、多数の関係者が勤務。

実は昨日、その予定地に行ってきたんですが、まだ「建築計画のお知らせ」などの看板は設置されていませんでした。
参考までに何枚か画像を貼っておきます。

P3121734.JPG
木津川台方面から撮影。ご覧のとおり、何もない空き地です^^;

P3121732.JPG
ゲート。そこから工事車両が入るのでしょうか?

P3121730.JPG
もう一つのゲート。

P3121717.JPG
数年後にはここに巨大な建物が出来るとなると本当に胸熱です!((o(´∀`)o))

それにしても、ここ数年でサントリーやエンゼルプレイングカード製造、SEWオイロドライブ、大幸薬品など多数の企業がけいはんなに進出してきています。
あの無駄遣いで悪名高き「私のしごと館」も「けいはんなオープンイノベーションセンター」として今年の春から環境やエネルギー・情報通信等の研究拠点として再出発を遂げます!

因みに三菱東京UFJ銀行が進出するこの土地はもともと大阪ガスが研究所用地として購入したそうですが、諸事情により建設しないことになり空き地のままでした。
進出の決め手となったのは、やはり金融機関の事務センターとなると「災害」に強いかどうかが焦点になります(やはり金銭関係ですから・・・・・)。
学研都市は地盤が固く、こういった事務センターやデータセンターを設置するにはふさわしい土地といえます。

実はこの土地も最近まではそういう用途では使えなかったのですが、京都府が規制緩和を行ったことにより幾つかの企業が関心を寄せ、今回三菱東京UFJ銀行が進出を決め、土地を購入したわけです。

まだ施設概要に関しては固まっていないようですが、近い内に何かしらの発表があるのではないかと期待しています。
けいはんな地域はここ数年で更に変わりそうです!(≧∇≦)

それでは今日はこの辺で失礼します!!
posted by 大阪のしろきち at 21:45| 大阪 | Comment(0) | 都市開発(近畿圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]