2016年03月27日

ニーハオ!台湾珍道中(その3)

こんばんは!(^o^)
前回は1日目の終わりまで書きましたが、今回は2日目から始めたいと思います。

2日目の朝、台北は雨でした(と言うよりも帰るまで一度も晴れてません)
そんな事はさて置き、いよいよ待望の台湾新幹線初乗車です!(^o^)

と言いつつも実は肝心の台北駅の写真を撮ってなかったという痛恨のミス。
そういう訳なので台鉄の方で我慢してくださいm(_ _)m

P3238711.JPG
台鉄台北駅の自動改札機、オムロン製で日本でもよく見かけるタイプですね。

P3238710.JPG
台鉄台北駅の自動券売機、これもちょっと前までなら日本でも結構見かけた人が多いと思います^^;

因みに高鐵(台湾新幹線)の改札機はいかにも「ヨーロピアン」な感じで(意味不明)。
券売機はクレジットカードが使える優れもの。ただ今回は高鐵パスだったので美人な(ここ重要)お姉さんの居る有人窓口で引き換えたのでした。

最初に乗車したのは1257号、板橋−台中−嘉義−台南の順番に停まり左営(高雄駅へはMRTか台鉄で移動)に向かう列車です。

さて8時54分、列車は予定通りに台北駅のホームを出発。長い地下トンネルをくぐり抜けて、板橋を出発した後に地上区間へ。

列車は順調に進路を進め、台中駅には予定通り9時46分頃に到着。台北駅からずっと満員だったのが、少しばかり席に余裕が出てきました。

台中駅を出て、嘉義駅(嘉義といえば、あの有名な阿里山森林鉄路の出発地ですね!)、台南駅(『台湾の京都』と呼ばれている古都です。少し前に地震があり、犠牲者を出たのが実に痛ましいです・・・・・)に停まり、10時42分終点の左営駅に到着。

P3238714.JPG
左営駅の発車標。時刻表示だけ7セグメントLEDになっています。

P3238719.JPG
これが700T系!ベースはJR東海・JR西日本の700系で台湾向けに改良が加えられたバージョンです。川崎重工・日立製作所・日本車輌の3社が分担して製造にあたりました。

P3238726.JPG
しかもTR01編成、第一編成です!(≧∇≦)

P3238731.JPG
方向幕。

P3238737.JPG
高鐵左営駅のコンコース。まるで空港の様に屋根が高い!

高鐵左営駅から台鉄新左営駅へ移動(施設は一緒ですが駅名が違う)。
P3238752.JPG
こちらも高鐵に負けず劣らず立派です!

ただ台鉄はあんまり本数が多くないようで、少しばかりホームで待つことに。
その間に日本ではお目にかかれないような貴重な車両を見ることが出来ました(^o^)

P3238764.JPG
台鉄E200形電気機関車。アメリカのゼネラルエレクトリック社が製造しました。客車列車が多いのも台湾の特徴でありますね(^^)

P3238807.JPG
台鉄E1000形電車。韓国の現代精工が製造しました。「電車」とは言いつつも前後の車両は電気機関車になっています(動力集中方式ですね)。

P3238805.JPG
E1000形の中間車両。

P3238818.JPG
EMU500形。韓国の大宇重工が製造しました。通勤電車向けの車両で車内はロングシートとなっています。

という訳でEMU500形に乗り込み、いよいよ高雄へ!
10分に満たない台鉄初体験、車内は何ともいえないのんびりムードが漂っていました。

さて、高雄駅に到着(^_^)

P3238824.JPG
高雄駅前の風景、広告が非常に賑やかです。
写真を撮っているとある人から声を掛けられました。

そんな訳で次回に続きます!
タグ:高雄 台湾
posted by 大阪のしろきち at 22:21| 大阪 ☔| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]