2016年03月29日

ニーハオ!台湾珍道中(その7)

こんばんは!(^o^)
さて今日は中正紀念堂から・・・・・

実はちょっとバスを間違えまして、一個手前の古亭駅から一駅だけMRTに乗り中正紀念堂駅へ。

P3249261.JPG
こちらが中正紀念堂・・・・ではなく、國家戲劇院。主にミュージカルや京劇、バレエ等が上演されています。

P3249274.JPG
國家戲劇院の反対側には國家音樂廳。こちらはコンサートホールになっています。

P3249265.JPG
でこちらが中正紀念堂。民進党が一度目の政権交代を達成した後一時期は「台湾民主紀念館」になっていましたが、国民党が政権を奪還した時に名前が元に戻りました。

P3249254.JPG
『自由広場』と掲げられた門。かつては『大中至正』と掲げられていましたが、民進党への政権交代で現在のものに変わりました。

さて、中正紀念堂に入ってみましょう。
P3249289.JPG
かなり立派ですね(^o^;
これでもか!と主張している感があります。

P3249293.JPG
真ん中にはドン!と蒋介石像が。かの有名な「蒋介石」の本名は「蒋中正」でした。
1975年まで台湾を総統として支配していたんですね。

P3249297.JPG
左手に見えるのが儀仗隊の衛兵。微動だにしないのが凄いです(^_^;)

P3249295.JPG
天井には台湾(中華民国)の国章である「青天白日章」が。

蒋介石は台湾の中でもかなり賛否が分かれる人でもあります。
中でも1947年の二・二八事件では多くの血が流れ、家族・友人、その他大事な人を失ってしまった人も数多くいます。
それから長い間、戒厳令が敷かれ言論の自由がない時代が訪れます・・・・・
台湾に言論の自由が復活したのは1987年と割りと最近のことです。

(前述しましたが)この中正紀念堂も「脱・蒋介石化」の一環で「台湾民主紀念館」に変えられていた時期もありました。
それほどに蒋介石は台湾でも賛否の分かれる人なのです・・・・・

P3249319.JPG
では、出ましょうか。

中正紀念堂の周辺は日本でいう霞が関的な場所でもあります。
P3249331.JPG

P3249343.JPG
欣欣客運の日野RK8JRSA(367-FR)。やっと日本メーカーのバスに出会えました(^_^;)
おおっ!これは西武鉄道のラッピングバスですね!

では次回、いよいよ旅のハイライト国立故宮博物院へ!(≧∇≦)
ご期待ください!!
posted by 大阪のしろきち at 23:25| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]