2016年10月16日

中之島の西側を歩いてみる(前編)

こんばんは(^o^)
昨日はちょっと中之島を散歩・・・・・

PA157158.JPG
中之島フェスティバルタワー・イースト。
朝日新聞の大阪本社やフェスティバルホールが入居しています(^o^)

PA157173.JPG
中之島フェスティバルタワー・ウエスト。
超高級ホテルのコンラッド大阪や香雪美術館が入居します!

PA157181.JPG
コンラッドと香雪美術館のロゴが取り付けられました。

PA157184.JPG
サントリーの本社ビルと塔屋のオブジェが特徴的な堂島ホテルが見えます。
堂島ホテル、実は閉館の噂があるようです(´・ω・`)

PA157203.JPG
中之島対岸部のアパホテル大阪肥後橋駅前。
客室数は850室と大阪市内ではトップクラスです(※2019年にアパホテル&リゾート御堂筋本町駅タワー(917室)とヨドバシ梅田タワーのホテル(約1000室)が完成します)

PA157210.JPG
関電ビルディング。
関西財界の重鎮として有名な関西電力の本社ビルです。

PA157216.JPG
中之島ダイビル。
玄関の装飾が豪快ですね(^o^)(主に旭化成系グループが入居しています)

PA157217.JPG
竹のようなモニュメント(私には鳥に見えます^^;)は国立国際美術館。そして丸っこい建物は大阪市立科学館。
国立国際美術館の主要な機能は全部地下に置かれています。

PA157227.JPG
ダイビル本館。下層部はかつてのダイビル本館を忠実に再現しています。
因みに大林組が主に入居しています。

PA157239.JPG
大阪大学中之島センター。
こちらはサテライトキャンパス的な使われ方がメインですが、元々大阪大学は中之島にメインキャンパスを置いていました。

写真はここまでにしておいて、未来の中之島の姿を適当に語ってみたいと思います^^;
大阪大学の新たな学部が設置され学生が増加、そして大阪新美術館は近代美術を主にした素晴らしい美術館で多くの鑑賞客を集める。
未来の中之島は「上質のカルチャーアイランド」に変化し、多くの人を魅了している・・・・・

そんな未来が私には見えてきます(^o^)
それでは後編へ続く!
posted by 大阪のしろきち at 19:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 都市開発(大阪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]