2016年11月30日

庄内交通・南海バスの大阪・京都−鶴岡・酒田線

こんばんは(^o^)
ようやくみきわめにも通り、いよいよ仮免許試験です。
とりあえず頑張ります^^;

という事で本題へ・・・・・
山形県の日本海側である庄内エリアを拠点にしているバス会社が「庄内交通」(その親会社が庄交ホールディングス)。
2017年の4月を目処に「南海バス」との共同運行で近畿圏から庄内エリアへの高速バスを運行する事が判明しました!

shokoh.PNG
庄内交通のホームページ(http://www.shonaikotsu.jp/)。
当然の事ながらリアルで同社の車両を撮影したことがありません^_^;(山形にはまだ行ったことないです)

出典先:「新たな庄内観光、創造 庄交グループ旅行商品開発へ」(山形新聞)、「新たな庄内観光、創造 庄交グループ旅行商品開発へ」(日本経済新聞)

出典先の記事では庄交ホールディングスがシンクタンクの「庄内観光価値創造研究所」(仮称)を設立することや、庄交トラベルが新たに東京や大阪、仙台に営業所を設けること、鶴岡のバスターミナルをリニューアルする事などが触れられています。

そして今回の記事の肝となるのが「大阪線の新設」という訳です(^o^)
区間は私の予想として『酒田庄交バスターミナル−イオン酒田南店−余目駅前−JR鶴岡駅前−庄内観光物産館−京都駅八条口−高速京田辺−大阪駅前(桜橋口アルビ前)−南海なんば高速バスターミナル・湊町バスターミナル(OCAT)−ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』になるんじゃないかと考えています。
本数は1日1本、運行は庄内交通と南海バスが隔日で担当するものと推察されます。

高速京田辺を加えたのは、共同運行先の南海バスの高速バス路線を見ていく限りでは、現在の夜行7路線中6路線が高速京田辺を経由することから、その可能性が高いのではないかと考えたからです。

その他にも酒田・鶴岡から仙台空港を結ぶ高速バスも1日2本で、こちらも来年4月より運行を開始する予定です。

近畿圏と庄内エリアは江戸時代には北前船で結ばれ、その北前船を介して京文化をはじめとする近畿の文化が入り、それが根付いてきました。
かつては寝台特急日本海、そして庄内空港から伊丹空港・関西空港への航空路線でも結ばれていましたが、いつしか途絶えてしまいました。
この大阪線のターゲットは訪日客に加えて、国内客もターゲットにしていますから、是非ともドンドン使って欲しいですね。

こうして再び近畿圏と庄内エリアが結ばれるのは感慨深いものですね!
そんな訳で今日はこの辺で失礼します(^_^)/~
posted by 大阪のしろきち at 22:56| 大阪 ☁| Comment(6) | 鉄道&バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山形県鶴岡市のひでです。
このニュースを紹介頂きありがとうございます!
私も毎年関西に行きますが、直行便が無く不便な思いをしております。
山形県庄内地方は東北の自然と関西の影響を受けた独特の文化(東日本で唯一丸餅を食べるなど)、おいしい食べ物があるとっても良い所です。

これを機に関西と庄内の交流が深まるといいですね!
関西の皆さんもぜひお越しください。
Posted by ひで at 2016年12月01日 19:27
ひでさん。
コメントありがとうございます!(≧∇≦)

>私も毎年関西に行きますが、直行便が無く不便な思いをしております。
ちょっと前までは飛んでいたみたいなんですが、今は廃止になってしまいましたからね。
>山形県庄内地方は東北の自然と関西の影響を受けた独特の文化(東日本で唯一丸餅を食べるなど)、おいしい食べ物があるとっても良い所です。
そういうのを聞くと一度行ってみたいですね(^o^)
(美味しいものには目がないので・・・・・^^;)
>これを機に関西と庄内の交流が深まるといいですね!
それは仰る通りです!
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2016年12月01日 21:24
まだ日本海が走ってた時、
正月の夜に酒田から京都へ日本海で行って、その日の帰りも日本海に乗るという人がいました。
毎年の暮れに京都へ行ってお寺をまわるとのことでした。
強行軍だなと思いつつ、関西〜庄内だとこんな使い方もあるんだと感心したり。

日本永大蔵に出てくる鐙屋、本間宗久、最上川流域の上方文化と関西とは無縁ではないところ。
他にも、残雪の鳥海山や即身仏の海向寺なんかもあります。
バスは列車よりきついと思いますが、なんとか繋がりを持てればと思います。


Posted by あほぼん at 2016年12月02日 17:16
あほぼんさん。
コメントありがとうございます!(≧∇≦)

かつて東北の日本海エリアは日本海や白鳥で結ばれてましたもんね。
そして遠い昔にまで遡れば北前船でも繋がっていました。

>正月の夜に酒田から京都へ日本海で行って、その日の帰りも日本海に乗るという人がいました。
>毎年の暮れに京都へ行ってお寺をまわるとのことでした。
京都と東北日本海沿岸部はホントに縁が深いですもんね。
寝台特急の日本海が無くなって相当不便な思いをされたんじゃないかと思います(´・ω・`)

>日本永大蔵に出てくる鐙屋、本間宗久、最上川流域の上方文化と関西とは無縁ではないところ。
>他にも、残雪の鳥海山や即身仏の海向寺なんかもあります。
そういうのを聞くと一度は庄内へ足を運んでみたくなりますね。

>バスは列車よりきついと思いますが、なんとか繋がりを持てればと思います。
仰る通りです。
高速バス路線開設を契機にまた繋がりを深めていきたいものですね。
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2016年12月09日 18:27
はじめまして。乗り物ファンと申します。先日庄内交通のバスが、
南海バスの車庫に入っていくのを目撃しました。おそらく路線開設に
向けての乗務員訓練の一環として来阪したものと思われます。
ブログ内で記事にしていますので、是非ご覧ください。
宜しくお願い致します。
Posted by 乗り物ファン at 2017年03月04日 23:32
乗り物ファンさん。
コメントありがとうございます!(≧∇≦)

>先日庄内交通のバスが、南海バスの車庫に入っていくのを目撃しました。
>おそらく路線開設に向けての乗務員訓練の一環として来阪したものと思われます。

準備が着々と進んでいる事が分かりますね(^^)
ブログ、拝見させていただきますm(_ _)m
Posted by 管理人@大阪のしろきち at 2017年03月11日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]