2016年12月29日

冬の福岡へ(その5:博多と国際ターミナル、そして連節バス)

こんにちは(^o^)
マクロスフロンティアに今更ハマっている管理人です(笑)

そんな事はさて置き、昨日までは「1日目終了」まで書きました。
今日は2日目を書いていきます(^^)

まずは博多駅からスタート!
PC289223.JPG
朝の博多駅前(福岡朝日ビル方面を眺める)

平日の朝だけあって、多くの通勤客が足早に職場へ向かっている姿が印象的でした。
福岡の名物といえば「明太子」「ひよこ」「ラーメン」というイメージがありますが、私にとっては・・・・・
PC289226.JPG
西鉄バスも福岡名物に入れたい所ですね!(≧∇≦)
左側が香椎浜9820(日産ディーゼルRA・西工96MC)、右側が金武9485(日産ディーゼルRA・西工96MC)。

また、北九州や筑豊・久留米方面からも数多く近距離高速バスが運行されています。
PC289232.JPG
西鉄バス筑豊の田川3507(三菱ふそう エアロスター・西工96MC)。
この他にも多数、これに似た車両が西鉄バスグループ全体に所属しています。

九州は高速バス王国で有名ですが、中でも福岡−長崎線はちょっと面白い運行形態です。
西日本鉄道や長崎県交通局・祐徳自動車・昭和自動車・西肥自動車が出資する「九州急行バス」が全て運行を行っています(ただし続行便は西鉄バス二日市や長崎県交通局が行うようです)
PC289262.JPG
九州急行バスの長崎230あ2134(いすゞ ガーラ)。

さてさて、お待たせしました。
いよいよ博多港の国際ターミナルへ!!
バスに揺られる事約20分。
博多港国際ターミナルに到着しました。
ここから対岸にある韓国第二の都市「釜山」に行く、高速船やフェリーが発着しています。
PC289281.JPG
未来高速が運航するコビー号のチェックインカウンター。

PC289283.JPG
右からカメリアライン、JR九州高速船のチェックインカウンターが並んでいます。

日韓関係が芳しくないというニュースばかりが聞かれますが、福岡市内を歩いてみると韓国人観光客が多いように感じられました。
やっぱり「政冷経熱」なんでしょうね^^;

博多港国際ターミナルという名前なのだからクルーズ客船も発着してるんだろう。と思いきや、クルーズ客船はまた別に建設された中央ふ頭クルーズセンターから発着しているようです。

PC289292.JPG
たまたま停泊していたサファイア・プリンセス。
国際ターミナルとクルーズターミナルは約350m程度離れています。

今年8月から西鉄バスと福岡市は共同で「連節バス」の試験運行を開始し、同年10月より循環運行に移行しました。
車種は新潟交通が導入しているのと同じく「スカニアシャーシ・ボルグレン車体」のタイプ。
PC289304.JPG
愛宕浜0102(スカニア・ボルグレン)。

2016年現在はまだ2台(愛宕浜0101・0102)ですが、2018年度には15台程度にまで増やしていくようです。
見るだけよりもとりあえず乗ってみましょう!(^o^)
PC289308.JPG
車内は青と赤のモケットが印象的なシート。
そして写真では交差点を曲がっているので、連結部分がグニャリといっています。
時間が時間なのか車内はガラガラで、結局天神まで私以外の乗り降りもなく走っていきました。

こうして連節バスは天神のソラリアステージ前に到着・・・・・
PC289313.JPG
後方部に「全長18m 追い越し注意」の表示が。

次回は天神をメインに書いていきたいと思います。
posted by 大阪のしろきち at 15:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]